モーニングバードで紹介されていた人をダメにするソファ

以前、テレ朝のモーニングバードで紹介されていたyogibo(ヨギボー)というソファ。
人をダメにするソファとして紹介されていましたね。
羽鳥さんもすごく気に入ってましたし。

確かにビーズクッションって本当に体にフィットするから一度ハマると抜け出せないんですよね。
私はまだ持ってないんですけど、この前ヨギボーを買った友達がツイッターで「ヤバい、快適すぎる」ってつぶやいてました(笑)

で、その後その友達の家で鍋をした時に座らせてもらったんですけど、確かにヤバいです。いい意味で。
お酒を飲んでいたこともあってちょっと横になっていたら寝てしまってましたから。
肌触りもいいし快適なのが分かります。

年末年始の休みにヨギボーがあったら確かにダメになりそうですね。
ずっとよっかかって映画とか見てそう・・・

しかも寒いから家にずっといそうだし。
おせちとかおもちとか食べるだろうし。
この流れは確実に正月太りが加速しますね(笑)

でもあの快適さを知ってしまうとちょっと欲しい。
ボーナスで人をダメにするソファのヨギボーを買っちゃおうかなと悩んでいます。

【追記】
2月も下旬にさしかかろうとしておりますが、わたしは年末年始から正月にかけてのダラダラ生活を継続中です(笑)

このダラダラ生活を加速させたのは間違いなく人をダメにするソファ「ヨギボー」のせいであります。
ええ。このソファのせいで完全にダラダラ気分が抜けきらず、逆に加速モードです。

ヨギボーをちょうどいい形に変えてから身を預け、そしてフール―で好きな映画をチョイスすれば、完全に動く気もなくします。
今は寒いから外にも出たくないし、最高です。
正月太りを解消する気もまったく起りません。。。

誰ですか?このソファのネーミングをしたのは。
完全にダメにされてますけども、わたくし。
ホント、ヨギボーのせいでまったくもってこのダラダラ生活から抜け出すこともできない状態です。
ホント、座り心地が良すぎるのもいい加減にしてほしいですね。

人をダメにするソファ「ヨギボー」。
あなたが日本に上陸してからわたしはこのダラダラ生活から抜け出せなくなりました。

最近、寒い日が続いて外に出るのが億劫です。
2歳娘がいるのですが、外で遊んで風邪をひかすのも嫌だし…
夫が休みの日にわざわざ寒い外に出るのも嫌なので、おうちでまったり過ごします。
お菓子を作ったり、DVDを見たり、本を読んだり、段ボールのトンネルで盛り上がったり。

この間の休日は、私と娘は簡単なクッキーを作りました。
娘が手伝えるような簡単なレシピで、娘は材料をコネコネして、下手だけど一生懸命に型をとっていました。
型も娘が好きなぷーさんとぴぐれっとの型なので、のりのりで型をとってくれます。
自分で作ったクッキーはやはり美味しいのか牛乳と共にパクパク。

そして、おやつの後は大好きなジブリのDVDを皆で鑑賞です。
『千と千尋の神隠し』と『となりのととろ』です。
ジブリ作品は子供から大人まで楽しめるので、娘と一緒に見れて楽しいですね。

外出しなくても、おうちでまったり出来ることって幸せですよね。
寒い日だからこそ、おうちで何が出来るかを考えて、娘と一緒にのんびり過ごしたいです。
ちなみに最近買ったヨギボーっていうビーズクッションが娘と二人で座れるのでお気に入りです。

男女の違いを理解して、居心地の良い空間を作る

恋愛を長続きさせたいなら、やっぱり男と女の違いを理解しなきゃいけないと思います。
恋愛ドラマや恋愛漫画ばかり読み過ぎると現実とのギャップに苦しむことがあるかもしれません。

また、理想の男性像が高くなりすぎて、それを彼氏に押し付けるという事も彼氏を苦しめるだけです。
自分も苦しいでしょう。
だから、男と女の違いを理解して、その違いを尊重しなければいけません。
毎日会う事や、マメなメール、細やかな気遣い溢れる言葉、これはあくまで女性の理想であって、理想通りにできる男性なんてそうそういません。

また、この人すごい理想に近い!というような人は、大体、無理してこちらの理想に合わせてくれている場合があります。
忙しい彼に頻繁に会う事や、疲れている彼にダラダラと自分の話をすること、そして心のこもった相槌などはあまり期待しないで、彼が無理しないで、ありのままの姿で一緒に要られる事が出来るように、自分の理想と離れている彼の姿を受け入れてあげる事ってとっても大切だと思います。

週に一回しか会えなくたって、そっけないメールだって、相槌が疲れた雰囲気でもいいではありませんか。
状態の悪い時の彼が本当の彼だ…くらいの勢いで、受け止めて理解して認めてあげることが恋愛長続きの秘訣です。

彼氏と付き合って半年程経った頃、私の誕生日でした。
彼はちゃんと誕生日を覚えていてくれ、当日のディナーはホテルの鉄板料理のお店を予約していてくれました。

お互い仕事を終え、待ち合わせていました。
会ったらまず、おめでとうと花束を用意していてくれました。
思わず「えー!!」とびっくりしました。
こんなの初めてだったのでとても嬉しかったです。
お花を頂くのは女性として嬉しいものです。

鉄板料理は高級感のあるお部屋で頂きました。
とても美味しくて感動しました。
目の前でお肉などを焼いて出してくれます。
この様なお店に行く機会はなかなかありませんでした。
グルメな彼だったので、さすがだなと思いました。

料理を食べ終えると、お茶とデザートが出るのですが、それは別室でいただきます。
そのお部屋はソファー席で、寛げるスペースになっていました。
これにもさすがホテル!!と感動しました。
デザートとは別に、ホールでお誕生日ケーキも用意していてくれ、ホテルの人が記念に写真も撮ってくれました。

誕生日をこんな完璧に祝ってくれた事なんてなかったのでかなり印象に残っています。
私はホテルが大好きなので、それを良く分かっていてくれて嬉しかったです。

彼氏にされて嬉しかったことは、、、ずばり!!!
不意打ちの「サプライズ」です。

サプライズって、すらっと出来ちゃう男の人と中々出来ない男の人がいるかと思います。
私がされて嬉しかったサプライズは高価なプレゼントとか、そういったことではありません。

私がされたサプライズについて詳しく書くとね、、、
私の彼は仕事上、よく海外出張に行きます!!! (これは自慢じゃないよ(笑))

つい最近の出来事なのですが、彼が中国に出張に行っていました。
いつ帰国するかアバウトにしか聞いてなかったのですが、、、

私が空港の免税店で化粧品を買ってきてほしいと頼みました。
すると、、、彼は百貨店で働いてる友達に頼んどくから明日待ち合わせして受け取っておいで~!と
言われました。
しーかーし、そのお友達のことを私は知らないのです!(笑)
それに、わざわざ迷惑やし断ろうかなと考えていました。

だから、彼に丁寧に断ってと頼みました。
すると、「もう買ってくれたから 8時半にデパート前に来てって言うてるよ。」って!!!!!

本当に!? うそ!? えぇぇぇぇ!? んーーー。 (これ私の心の中です(笑))

とりあえず、彼のお友達やし、人見知りやけど親切な人やから 行ってお礼して帰ろう。って思いました。

ついに、待ち合わせの場所にドキドキしながら8時半前にデパート前に行きました。
10分前に着いたんですが、、、びっくりするくらい時間経つの遅いんですよー。

やっと8時半なって ふと思ったんです。
私はそのお友達の顔知りません(笑)
そうなると、、、そのお友達(彼女)は私の顔を知っているのかな???
っていうことは、、、私に声をかけてくださる人が、彼のお友達ということね。
なるほど~。めっちゃドキドキしちゃうね。 なーーーんて考えていました。

すると、、、肩をトントンとされました。
振り返ると、ふわっと私の大好きな甘い香りがして 花束が見えました。
びっくりした!?という声とともに 大好きな私の彼の顔が視界に、、、!!!!

これこそ、、、放心状態ですよね(笑)

花束と私が欲しいと思っていた化粧品をプレゼントしてくれたんです。

私の彼は日本在住の外国籍の方で、こんなことが さらーっと出来ちゃうタイプなんです。(笑)
こんな嬉しいことされて幸せでした。

最高に笑える映画

映画「トリガール」は最高に笑えて今までに見たことのないくらいおもしろいと思える映画です。
感動や笑いがたくさん詰まっているストーリーなので、見てよかったと思える素晴らしい映画です。

 

がむしゃらに頑張る女の子と負けず嫌いの男子の二人が繰り広げる物語がとてもおもしろいところです。
鳥人間コンテストを舞台にした映画で、練習方法などの裏側を見ることができるので、勉強になることも多いです。
こんなに裏で頑張っているのだと感心してしまいます。

 

二人で人力飛行機を動かすのですが、動かすためには息が合わなければいけなかったりするので、二人の相性が必要になってくるのですが、ゆきなと大志はケンカばかりですぐに言い合いになるところが大変なところなのですが、なぜか飛行機に乗ると息がぴったりで、ケンカして言い合いになる度にスピードが出てとてもいい方向に向かうのがとてもおもしろいところです。

笑って泣ける感動のストーリーになっているのでとてもおすすめな映画です。

 

自分の良さに気づいてそれを大切にしていきたいなと思う映画です

数多くいる素敵なハリウッドの女優さんたちの中でも、ずっと好きなのが、キャメロン・ディアスさん。

若いころはその彼女のとびきり素晴らしいスタイルを際立たせるような役柄で、観る人たちを楽しませるようなコメディ映画にたくさん出演されていました。

 

その彼女が出演している「イン・ハー・シューズ」。

キャメロン・ディアスさんが出ているので、観てみたいな、くらいの軽い気持ちで観たのですが、ストーリーの良さに感動してしまいました。

 

仲良しだけれどもすべてにおいて対照的な姉妹、見た目が地味な姉に、派手でお洒落な妹。仕事をバリバリとこなす姉に対して、いつも適当に生きてきた妹。

そんな何もかもが対照的な姉妹の二人と、二人のおばあちゃん、お父さん、姉を支えるボーイフレンド、妹が出会う素敵なお年寄りのおじいちゃん。

 

ハリウッド映画に出てくるような華のあるキャラクターはストーリーに登場してきませんが、登場人物のひとりひとりがとても素敵な雰囲気で、観ている側を優しい気持ちにさせてくれます。

対照的な姉妹、それぞれちがっているからこそ、そのちがいの良さを生かしていく、私自身もそんな生きかたが出来るように丁寧に暮らしていきたいな、と思わせてくれた素敵な映画です。

 

人生で一度は見るべき映画です

普段からネット配信などで映画を良く見るのですが、過去の名作を大人になってからもう一度見ると感慨深い物がありますね。

先日有名な戦争映画「プライベートライアン」を久しぶりに見たのですが、今まで見た戦争映画の中でやはりNo1だなと改めて思いました。

映像の凄みやリアリティ、色々な人物や目線で捉えた斬新な視点は素晴らしいの一言で、見終わった後に何とも言えない感情がこみあげてくる映画です。

 

特に冒頭の約20分間の「ノルマンディー上陸作戦」は衝撃的で、戦争の凄みや壮絶さがギュッと詰まった手に汗握る迫力です。

実際に戦争に参加した退役軍人曰く「まさにこんな感じだった、足りないのは匂いだけだ。
」と言わせるほどのリアルな戦争現場を再現したスピルバーグはやはり名将です。

 

主役のトムハンクス、ライアン役のマッドデイモンの演技も秀逸ですが、人を撃った事のないアパム伍長は戦争を経験した事のない我々観客に訴えかけるものがあり、
見ていて特に印象に残るものがありました。

人生でたくさん戦争映画を見てきましたが、プライベートライアンを超える名作には未だ出会った事がないので、「人生で一度は見るべき映画」として人にこれからも勧めていきたいと思います。

 

名探偵コナン「ゼロの執行人」はコナン映画の最高傑作です

トリプルフェイスの安室透ファンでない人も虜になるほどカッコよく、アニメではあまり垣間見れない、公安警察官の主人格の降谷零としての彼がメインで見れたところが良かったです。

風見さんと降谷さんのやり取りも良かったし、コナンが風見さんに安室さんが降谷さんだって知っているよと言って、風見さんが「君は一体」となるシーンが好きです。

 

でも、降谷さんが「僕の恋人はこの国さ」と言うセリフが一番視ている人のハートを打ち抜いたし、コナンを助け、道でない道を白い車で暴走する姿が印象的です。

テロの原因を突き止めたコナンは、あの安室さんを恐れさせる頭脳を持っており、信用するに値すると思われているところがすごいと思います。

 

福山雅治さんが歌う「零」も、安室さんを想起させる歌詞が素敵です。

しかし、あのテロを止められたのは、アガサ博士の発明と哀ちゃんの頭脳のおかげなので、博士の発明品はいつも事件解決の役に立っているなあと思わされます。

 

朝早起きして自分だけの贅沢時間

2人の手が焼ける子どもと手がかかるパパがいるので、気づけば朝起きてから夜寝るまで「自分だけの時間」が全くないです。

 

なので、最近朝起きる時間を1時間早めて、早朝に自分の時間をつくっています。ちなみに起床時間は4時半、まだまだ真っ暗です。さすがに眠いので夜は8時に子どもと一

緒に就寝しています。

 

この1時間で何をするかというと、趣味の一つであるヨガを40分行います。みんなが寝静まっているシーンとした静寂のなかで、誰にも邪魔されず自分の息だけを感じてヨガをするととても気持ちがいいです。早起きの眠気も吹っ飛び、体が軽くなります。

 

ヨガが終わると、パパには内緒で購入したちょっと高めのコーヒーを入れ香りを楽しみます。迫り来る怒濤の家事開始時間まで、ゆっくりじっくりコーヒーを味わいます。

 

静かな空間で私が大好きなことをし、誰にも邪魔されない自分だけの時間を堪能できるこの瞬間が幸せです。1日の栄養を蓄える大切な時間です。