相手に不快感を与えないように誰だって臭くならないように努めているはず

体の匂いというのは体の様々な部分からにおってきますよね。

足の裏やワキの下、総合的に臭いなんて事もあったりしますね。

相手に不快感を与えないように誰だって臭くならないように努めているはずです。

 

私も、一般的に体臭を発すると呼ばれる箇所は意識して清潔にしてきました。

ですがこの前、家族から「体臭あるかもよ」と心配されてしまいました。

最初は嘘だと思いました。

毎日衛生面に気をつけているのにって。

 

自分のニオイを確かめたくても私自身の臭いというのは確認できないものです。

そんな事で、どのあたりが臭うのかやむを得ず母に嗅いでもらいました。

勿論足部分を嗅いでもらうわけにはいきませんから足以外の両脇、体全体など嗅いでもらいました。

 

結局臭いの出所は、耳裏でした。

耳裏がにおうなんて意外すぎてビックリしましたが、思い返してみれば意識して洗ってた覚えがありません。

ネット情報によると、耳裏部分はすすぎ忘れしやすかったり汗がよく残る箇所ということでした。

 

それ以来、シャンプーと同時に耳の裏側も欠かさずキレイにする事にしました。

みんなも意識した方がいいですよ。

意外とにおいますよ、「耳のうしろ」。

 

電車の中で隣にいた人からするニオイを不快に思いました。

ワキの臭いではなく、足臭いという訳でもなくあえて言うならば口の臭いのような感じです。

料理の臭いは非常に良い香りに感じたかもしれないのですけど、食べた後一度胃に収まって消化が始まると、それが途端に臭い臭いに変化するっていうこともあると思います。

 

きっとご本人は葫を食べた訳じゃないので大丈夫だろうと安心していると思いますが、実際のところは違うのです。

それと、体が臭っているのではなくニオイが付いているという方が合っているのかもしれませんが、家の臭いがしているのです。

家は寝る為に帰るだけで、空気の入れ替えをしなかったらよどんだ空気が充満してしまい家の空気もジメッとしてしまうのです。

 

その部屋にずっと置いてある服やタオルなどにはその部屋の臭いが染みてしまうのです。

電車の中なのに周辺から誰かの家にいるような臭いがしてくるのです。

どちらにしても、当人は感づいていないのか涼しい顔をしています。

気づかない間に私もそうならないように臭いには神経を使っています。

 

部活をした後の中学生を数人乗せて自動車で移動していた時の話です。

夏の野外で部活動をしている息子とその仲間たちです。

もちろん服も取り替えていて、汗もとってから車に乗り込んでくれましたが、冷房を効かせて車を進めていくと、ちょっとずつ異臭が車の中に充満してきました。

 

繊細なお年頃なので、あたしも「くっさー」とはなっていても言わないでいてあげていましたが、ついにうちの息子が車の中が「臭い」と言い出し、しばらく窓を開けっ放しで運転していました。

 

だけど、そうしてもなんだか中は「汗臭」と衣類の部屋干し臭がにおっていました。

娘たちを送ったときは、あぁ汗をかいて運動してきたんだなって思える程度の臭いだったのに、男連中ともなるとこんなに臭うのかと本当にショックを受けました。

 

小学校の頃は男臭さなんてものはなかったのに年齢も10代半ばになり第二次成長期に入るとホルモンの分泌が活発化して臭いがキツくなってきたのだなとこの子達の運動後の汗の臭いで時の流れを感じながら皆を送り届けました。

 

腋臭でなくとも、食事内容によって体臭というものは少なからずあります。

自分自身でもこの頃なんとなく「体臭」が気になるという人は、食べるものを改善してみるといいかもしれません。

なんでかって言うと、「体臭」に出やすい食物というのがあり、多くはそういった食品を過剰に摂取しているという場合が少なくないからです。

その代表格がとうがらし類です。

 

辛い食べ物は体温が上がり発汗作用を促すにも良いという効能もありますが、バイ菌がまざりやすくなり汗が臭くなる原因となってしまうのです。

摂りすぎなければ、健康にもいいとうがらしですが、とりすぎると匂いの元となってしまうのです。

 

あと、香辛料が好きな人は日常的に激辛料理を摂取するという方も結構いると思いますが、それにより胃や腸を悪くすると、汗の臭いだけでなく口の臭いもすごくなってしまいます。

食生活を見直して、唐辛子を摂る量が多いかもと思ったら、1、2週間くらい辛い食べ物を食べないようにすると皮フもキレイになってメイクするのも楽しくなってきます。

 

汗は汚れを排出する役目もある為、発汗効果がある辛い食べ物を摂取すると、肌荒れしやすくなります。

秋とは言え日中は気温もあまり下がらないので、ちょっと体を動かしただけで汗が出てくる事もあったりします。

運動の秋といえど、「体臭」は出さないように心掛けた方がいいですね。

男子の目の前で体臭の指摘をされて傷ついた学生時代

学生の頃ニオイの件で大変ショックなことがありました。

大学で体育祭があり学級別でバレーボールを行ったのですけど男子と女子の組み合わせのチームを作ってやってました。

 

1試合が終わってチームの仲間で休憩していた時Aちゃんがわたしに「体臭がにおっているよ」と言ってきました。

隣りにいた子も「かなりきついよね」と男子の目の前で言われたので大変傷ついたのです。

そのあとにも同様のことが数回あったのです。

 

でも、その事はいつも違う人に言われるのです。

腋臭といわれるのではなくて同じように「体臭がね」っていいます。

 

腋臭ではない体臭というのはどのように対策したらいいのかとずっと悩み続けましたがどうしていいのか思いつかず、言われた時から出掛ける前に体を洗って予防するために、わきのところに制汗剤をつけまた香水で体臭を隠しました。

いまでもこれをやり続けています。

卒業してからは今のところ言われるような事はありませんが、将来的には言われるかもしれないと思うと他人に近づけなくなりました。

 

気になってしまう体臭で思い浮かぶのは、足のにおい。

ストッキングで靴を履いて脱いだ後のプーンとくる酸っぱい臭いや汗で蒸れたときのベタつきなど傍にいる人に知られてしまうのではないかといった不安に駆られます。

徐々に寒い季節になっていきひざ丈のスカートを履くときにタイツなどは必須です。

 

ですが、脱ぐ際の事を考えたら厚めのタイツを履きクツシタを履く方が良いのか迷ってしまいます。

ロングブーツを履いたとしても脱いだときにソックスが見えてしまったらかっこ悪いです。

クツ専用のスプレーでケアしていますが、足のニオイってどうしようもありませんよね。

 

自分自身は汗っかきな方なので長い時間パンストを履いて靴を履いた状態でいるとクツを脱ぐときには蒸れています。

足がクサくない人は羨ましいです。

ですから足のニオイの対処法を検索してみましたが、汗が出てくる料理をセーブしたり、入念に足を洗う事、クツを除菌・消臭することなどが挙げられていました。

 

カレーやキムチなど辛い物を頂くといっぱい汗をかきます。

ですので控えめにする方が良いと思います。

ストッキングを履くときだけではなく、靴下しか履いていないときもきちんと足洗いをすると臭わなくなるのです。

 

さらに、靴用の消臭スプレーを吹き付けたり、靴の方のニオイを消すというやり方もあるのです。

わたくし自らこの三つの方法で足臭に不安を感じなくてもいいようにしようと思っています。

 

自分の親は、自分が子供の時にうちで仕事をしていましたが、空き時間ができるとよく遊んでもらっていました。

父親と外で遊ぶのが好きでしたが、時々父親のワキから強烈な臭いがすることがありました。

そのニオイは、寒い時季よりも暑い時季に激しくにおうような気がしていました。

 

わたくしは中学校に通い始めると、自分の脇の下からも父と同様のクサい臭いがすることに気付いてしまいました。

それを父親に話したところ、「遺伝的なもので”わきが”というものだから仕方ないんだよ」と話されてしまったのでした。

遺伝でワキガという名称まであることを知って、かなりショックでした。

 

当時は、学校に行く前にデオドラント剤を使って登校していました。

デオドラント剤は暑い時季だけでなく、寒い季節もどの時季でも、使うのが当たり前になっていました。

50歳近くになっても、ワキガの臭いは気になりますので、制汗剤などを使用しています。

それが、夏になると汗でデオドラント剤が流れてしまうので、効果を期待できません。

自分の脇の臭いは、満員電車に乗ると凄く臭うような気がして弱っています。

 

まだ小学二年生の子供がいるのですが、まさかこんな10歳にも満たない子の脇が臭くなるとは思ってもいなかったのですが、うちの子が汗をかきかき帰って来た日の夕方、風呂に入っている時に妙なニオイがするなと気になっていたら、うちの子のワキ下からものすごくツンとする匂いが放たれていたのでたまげてしまいました。

足ならだれだって匂いが出る可能性はありますがさすがに脇臭はショッキングでした。

 

その日まで全然子どもの脇の下の臭いが気になった事がなかったもんで少しショックを受けたものの、バスタイムにキチンと汗を流してあげました。

まだ小っちゃいのでお風呂上がりには脇臭はしなくなっていましたが、流石にデオドラント剤をつけさせて登校させるには幼すぎる気がするのでどうすればよいのかと少し弱っています。

まだ小っちゃいので、そう言った制汗デオドラント剤を付けるのは早すぎる気もするので兎にも角にもしっかりと清潔にさせておかないといけないと思いました。

 

毎晩お風呂に入っていても、発汗したらTシャツを替えるようにするなど教え込もうと思っています。

ワキ下の汗ってこんな小っちゃいころからニオイが出るんですね。

本当に思ってもいない出来事でした。

仕事のプレゼン中にわきの汗じみが見えてしまう

汗に関する悩みは無くなりませんね。

あたしは、とりわけ脇汗に悩んでいます。

何でわきの汗なのかというと、仕事の業務で人前でプレゼンする事が多いので、そのときの汗の悩みとして、わきの汗じみが見えてしまうといったことがあるのです。

 

この悩みを持っている人として、服のチョイスは大切です。

デザインを重視して、つい汗染みが出やすい服を選んでしまうと酷い事になります。

 

殊に、グレーという色は気を付けた方が良いです。

どうしてかというと、灰色の洋服は汗が染みたことが見えやすいのです。

汗染みで色が変わるとみっともない感じです。

しかも、本人に意識はなく他人から指摘されたときにメンツをつぶされる事もあります。

 

汗の悩みは、流石に友人には話せません。

相談したところで相手の人も上手に答える事ができないと思うのです。

なので自分自身は「汗で困っている事を解決できるインターネットサイトがあればいいのに」と思いました。

気兼ねなく汗で悩んでいる事を相談できないかなと思うのです。

 

汗臭いニオイ、嫌になりませんか?あたしは特別敏感ですから自身の臭いは勿論他人の汗の匂いが気になってしまいます。

お仕事では高温な所で作業するので、臭い消しも気づかっています。

女性だとわき汗がシャツに滲むのが気になりますよね。

 

現在ではわき用の汗とりシートがあるので非常に楽になりましたが、その前まではティッシュを折りたたんで貼っていたのです。

匂いについてですが、まずは清潔に保つことが大事ですけど汗と体が発するにおいは飲食したもので違ってくると思います。

 

私のお勧めはベビーパウダーになります。

お風呂上がりにはたくのですけど汗の抑制もできるしニオイも少なくなります。

私のお友だちでよく汗をかく人がいるのですけど、その人は確実に汗を流しているにもかかわらずニオイがないのです。

 

その人曰く匂わない性質みたいだとおっしゃっていました。

理由を聞いたところお風呂上がりに天花粉を塗っているとのことでした。

 

汗の悩みを抱えている人は結構いるみたいです。

とにかく綺麗にしましょう。

それから自分に合うデオドラントアイテムを探してみて下さいね。

 

私は汗をかきすぎるので困っています。

レストランで食事をする時はハンカチを持っていないと汗が垂れてしまって凄いことになってしまうのです。

汗っかきなところは仕事の時でも悩みになっていて他の人はわたし程汗はかかないためちょっと恥ずかしいなと思います。

 

誰かに臭いとは言われた事はないのですが仕事をしている最中にハンカチで常に拭かないと商品が汗で汚れるので厄介だなといつも思っています。

大量に顔に汗をかいてしまいますが顔に脇専用の汗止めを塗るのも出来ないし何とかならないかと悩んでいます。

 

緊張状態に陥ると発汗してしまうんだなと気が付きました。

仕事場では仕事仲間がそういう人なんだなと思ってくれているので気は楽ですけど私用で外出するときなどは結構気になってしまってあまり暑い物を頂かないようにしているのです。

 

体質だからしょうがないかなと思っているのですけど、インターネットで自分で調べて胸の上の所に帯をきつくつければ汗をかきにくくなると書いてあったので試してみると、本当に出ないんだなと思いましたが苦しいのでもうやめてしまいました。

これから先どうやってニオイを抑止すればいいのか

自分は中学時代から体を鍛えていて、今現在でも一日おきでフィットネスジムへ行っています。
結構ハードな運動をやっているので、練習用に着ているシャツが汗のお陰でびちゃびちゃになってしまうのです。

これだけであれば別に良いのですが、どうやらジムの方がいうには私の汗が臭っているようなのです。
その時までは何も言っていなかったのですけど、最近になってそういった事を言われるのです。
たぶん、その時までは私に気を配ってくれていたのでしょうね。

そこまで臭いがするなんて全く知らず、スポーツクラブで過ごしていたのです。
全く気付いていなくても、まわりの気分を害した事は気が咎めます。
だったら、これから先どうやってニオイを抑止すればいいのでしょう。
体質の事もある為食事の内容も関係はしていますが、そこまでの因果関係は薄いはずです。

足臭に関してもそうです。
個人個人で凄く差があります。

どのようにしたら汗臭を抑えられるのか、色々と考えてやってみたいと思います。
今後もスポーツクラブに面倒がかかったら申し訳ないですからね。

私自身が汗で困っている事は、「寝汗」です。
夜寝るときに、大量の汗をかくのです。
ベッドに入る前にお風呂に入って、体を綺麗にしているのですが、朝起きると家族みんなに「汗の臭いしているよ」といわれてしまうのです。

自分で自分のニオイが分かってしまうほどです。
ですので、布団から出てスグに風呂場へ行って、体を洗ってから出かけるようにしています。

過去の記憶をたどってみても、高校の時までは汗クサいなんてことはありませんでした。
ハタチになったくらいから、体質の変化があったのか、朝目が覚めると匂うようになりました。
遺伝なのかな?とも思いましたが、両親も兄弟もそんな事は無くて、私一人だけが臭うみたいなのです。

これが原因で、彼とのお泊り旅行も心配で仕方がないのです。
カレシが起きる前に起き、体をキレイに洗いニオイをなくしているのです。
朝起きるのが苦手なので、早起きするのは大変です。

今の所彼よりも早く起きれてますが、起きられなかった時の事は考えたくないです。
寝起きにシャワーを浴びるのも稀に面倒に感じるときもあるので、寝汗をかかないようにしたいです。

私は過去より汗っかきな性質がキライだったのです。
通学の時の電車が混雑していると汗が吹き出します。
横にいる人が私を臭いと不快に感じていないか、心配していたのです。

高校生の頃暑い夏にみんなで遊んでいたときに、友だちが私の脇の所を見ていたのです。
気がついたら、シャツの脇の部分が汗でシミになっていて、恥ずかしい思いをした事があります。

お仕事をしていた時には、駅から歩いて15分の所に住んでいたのですけど、暑い季節は家できちんとメイクをしても、駅に着く頃にはメイクは汗で崩れてしまいます。
夏場以外でも、緊張すると汗まみれってしまうのです。
家庭教師のアルバイトをしていたとき、初めての授業のときは緊張状態になっていて汗が出てきたのです。

代謝が良いと思えば良いのでしょう。
でも女なので、恥ずかしく思ってしまいます。
いろいろな経験をしてきたので、出来る範囲での汗の対策はしています。

脇汗には専用のパッドで対策しています。
グレーの色の服は汗染みが最も目立つため汗取りパッドは欠かせないアイテムです。
夏はしょっちゅうメイクを整えたり、ハンカチを忘れないようにしています。

汗臭というのはみんな敏感に感じとるんだなと思ったのです。
自分の場合鼻が利かない方なので自分がどんなニオイを出しているのかは知りませんが皆に脂の臭いがしているといわれて驚いたのです。
それなりの歳になったので個人的には臭い対策をした方がいいんだろうななんて考えています。

デオドラント剤もどれにしたらいいのか全然見当がつかないので現在のところは体を洗う回数を増やしたのです。
一日に一回しか入っていませんでしたが2回にしてみたのです。
自身のニオイが分かる人というのは凄く敏感なんだなと思いました。

過剰に反応するのは多情多感な状態でもあるとTV番組で聞きわたくしは問題ないなと思ったのです。
「一般的な観点から、相手に対してクサイなんていうかな?」と思っていましたが、私も臭ければ「くさい」って言うんだろうなと考え直しました。

自分も言っているのに他人に対して駄目とは言えません。
人の考え方の問題なのでオーバーに考えすぎている私も精神的に過敏になっているのかなと思ったのです。
考え込むのはよくありませんよね。

緊張して出てくる汗はなぜか臭いが目立つ

もともとよく汗をかく体質なのですが、スポーツクラブに行って発汗を促しているので、汗がでてもサラサラの汗で臭うこともありません。
でも、緊張するとたいして汗が出ているわけでもないのに、汗の臭いが目立ってきます。
なかでもニオイがするのは、脇汗です。

会社で多くの人を相手に話す時とか、仕事の中に人間関係で困ったときなどに、ワキ汗を掻き、臭いが目立ってきます。
腋臭症のように感じたので、パソコンなどで調べてみましたが、どんな人でも不安があったりすると臭いのする汗をかくようです。
腋臭は、脇汗がベトベト汗だったり、洋服が黄色くなったりするので、わたしのコレは腋臭症ではないのでしょう。

それから脇臭は、日々の生活を改めることで軽減されるそうです。
具体例としてはカラダを動かして汗をかいたり、脂っこい食事内容を見直したり、あとは精神的ストレスを溜め込まない事です。
こういった事を基本にして特効薬として、職場には小型の制汗剤を置いてあります。

わたくしはすごく汗かきです。
寒くても、ちょっとした行動でも汗が出るのです。

ですので、汗臭くならないように、デオドラントスプレーをいろいろと使います。
夏の電車などは、周りの人が僕を臭い人と思っていないかとすごく心配しています。

また、近くに若い子がいたら、もっと心配になり、場所を移動したくなります。
アセ臭くなってしまうのは、食生活にあるのではないかと思い付き、改善を始めました。
最初に、肉を多く食べるととてもクサイ臭いになるということが分かったので、お肉を少なくしてみたのです。

あと、お野菜を多く摂るように変えてみたのです。
最近やっている、汗をにおわなくさせる方法は、なるたけ発汗しないように薄着にしているのです。

また、水分の摂りすぎに注意しているのです。
たくさん水を飲んでしまうと汗もたくさん出ると考えての事です。
体臭の中でも汗臭はすごく気になります。
汗臭や体臭に効く方法がないのか探しています。

わたしは自分の「足臭」に悩まされています。
足を洗う時は欠かさず指の間までちゃんと洗っているのですが、何故か臭いまんまで起床したときから匂いが出ているのです。
夜になると一段と悪臭になっているので、友達の家に寄るような予定があるときには不安で仕方ありません。

臭いを感じるようになってから現時点まで周囲の人からクレームをつけられた事はありませんが、たぶん全員「臭い」と思っているはずです。
その状況もなかなか辛いので、こっちから笑いをちりばめつつ言ったりしています。
足臭に悩みはじめた頃よりも臭いは強くなっている感じです。

確認してもとくに指のまたの所の匂いは強烈です。
勤務中にシューズを脱ぐようなシーンがあると、憂鬱で仕方ありません。
足専用デオドラントや臭くなりにくい靴下を使っていますが、それ程効いてない感じがします。

履いている靴自体にもニオイが染み込んでい感じがします。
靴の中にコロンをかけてみたこともあるけど、結果は最悪で「足臭」と香水の匂いが混ざり合ってビックリするようなにおいを発していました。
あれこれ対策を講じてきましたが、最近は一日に何回か足元の汚れを落とす事しかしていません。

夏季などの発汗しやすい時期には身体から匂いを発しやすくなります。
ですが度を過ぎた「体臭」は隣の人などに嫌な思いをさせてしまいます。
出来るだけ防臭対策はしておいた方がいいでしょう。

体臭の元は一つではありません。
お肉ばっかりって人は「体臭」がひどくなりやすいようです。
肉は動物性の脂肪やたんぱく質が多く、肉料理が多いと産生される皮脂も増えてしまいニオイの元となるのです。
魚類や野菜類などを多く取り込んでバランス良く食べていくとニオイが抑えられると思います。

飲酒の習慣がある方も臭くなりやすいようです。
酒類には代謝される時強烈な臭いの物質に変化します。
なので汗も悪臭となってしまいます。

それからお酒には臭さを増す作用があるため悪臭になりやすいです。
お酒は深酒をしないようにし適量をいただきましょう。

更には気に入った履き物をヘビロテしていたり、ソックスを着けないで靴を履いている人も足の臭いが強い人が多いです。
シューズの中が乾ききらないのでニオイの元となります。
とくに足からするニオイはパンチがあるので靴下をしっかり履いて、3足ほどの靴を休ませながら使用するといいですね。

からだの場所によって極端に汗をかく量が違う

わたしが心配している汗での悩み事は、からだの場所次第で極端に汗をかく量が違うのです。

例えば、夏の汗。
兄弟は背中や顔面からタラタラと汗が出ていますが、同じ状況の中で一日過ごした場合、自分の場合は腕はまったく汗をかかず、両脇とうなじの部分にそれなりに沢山汗が出てくるのです。
ココに汗をかくとすごく不快なのです。

最も、みんなもそうなのかもしれませんが、脇という場所に汗は出ないで欲しい場所です。
顔面もまったく汗が目立たないからなのか、同じくらいの運動量なのに「運動が足りないのでは?」と怪しいまなざしで見られるのです。
そんな風に思われると、すこし不愉快になりますよね。

脇とかうなじに汗をかくわたしは、臭いの方が心配になります。
ですので、輸入品の大きなもので、そして日本にないようなフレグランスのものを好奇心でネットショップでお取り寄せしてみました。

それと、ミョウバン柿渋石ケンも良いらしいです。
今現在はドラッグストアなどでも扱ってたりします。
大量に汗をかく人でもさまざまなニオイを選べる範囲が広がったので、有り難い気持ちでいっぱいです。

汗についての悩みは人によりますが、私の場合は最強の汗かきではないかと思います。
主に夏場。どうしようもないのです。

シャワーを浴びても就寝中に汗をかいてしまうので、目覚めた時には汗で髪の毛がびっしょり。
元よりシャワーを浴びたとしても外出の際には汗をかく為、夏の時期にはポニーテールにするほかないのです。

「髪切れば違うんじゃない?」といわれたのですが、とんでもありません。
切ったら汗がしたたり落ちてきたり、毛先に汗の結晶が付き白くなったり…。
髪を結んでいたとしても毛先は白く固まりゴワゴワという悲しい状態になってしまいます。

さらに、制汗剤も駄目なのです。
シューっと吹き付けた時は良いニオイがするんだけど、何時間か経ったら汗臭いニオイがしてしまうので悪臭と化してしまいます。
ですのでわたしがしている汗臭さ対策は両足の足首にコロンをぷしゅっと。

これなら匂いが混ざる事が無い為良い香りの方が昇っていくのです。
暑い季節が過ぎ髪の毛を結わなくてもよくなるとわたくし恒例の行事。

まずはカラーリング。
そして年末前に髪の毛をバッサリ。
これが一番の汗対策になっています。

汗が出てくるくらい暑くなってくると、手の指からも汗が出るのです。
もちろん額や腕などほかの部位からも汗は出るのですけど、一番ベタベタっとするのが両手の指です。

前は両手の指が発汗するなんて皆無に等しかったのですが、年齢が上がると体質も変わってくるようでわたしの悩みのひとつになりました。
汗が流れ落ちるといった事はないのですが、あたかも揚げ物を握った時みたいな感じです。

夏の時期になると、私が良く触るようなものは湿ったりベタベタしたりします。
一例をだすと、携帯の場合はいつもベチョッっとした手触りなのです。
指の汗を拭いてからスマートフォンを触るようにしていますが、長時間操作していた場合いつの間にか汗をかいていて電話が汚くなります。

さらに、財布においても家に帰ったらティッシュで拭きとらなければならないほどベタベタします。
知り合いに相談したら「気にし過ぎじゃない?」と言われたのですが、実際に使用直後のスマホに触れて見て貰ったら悩みに共感してもらえました。

ここ最近、いい年になってきたからなのか、自分の体臭が気になります。
前、僕の上司や父親も同様の臭いがしていました。
40過ぎると臭うようになんだろうか?オジサンになったから体臭が出るのか分からないです。

運動しててもしなくてもにおいがします。
以前は運動で臭いのかと勘違いしてました。
風呂に入っても匂っているし、変なんです。

体臭って、男性の独特の臭いで女の人のニオイとは少し違います。
女性の場合は香水のにおいがするんですが、男の人の場合は男性特有の臭さなのです。

ヘアサロンに行ったりするとリンスなどの香りが続いていい香りです。
ニオイの元っていったいなんだろうかと思います。
僕自身は去年まで剣道をやっていました。

臭いっていっても汗のにおいでした。
ですから洗濯したら臭わないと思ってましたので汗臭くないと思います。

アルコールも疑ってみたのです。
上司の場合は絶対にアルコールが原因だろうと思っていたのです。
けれども、自分はアルコールを口にしないのに匂います。

ですので、アルコールじゃないようです。
親父も元上司もボクも結構飲む方ですけど、飲まない人にもニオイがあるので、何でニオイがするのか不明です。

ただ、親父が匂っていたのが四十歳くらいなので自分もそれくらいだし、何が原因なのか不明です。
体臭というのはそれくらいの年なら誰でも出るものなのかな?

あたしは自分のわきのニオイを気にしています。
夏場は特に気になりますが、冬場も匂いが気になるときがあります。
ですから、自分がやっているワキのニオイの処置法を紹介したいと思います。

まず、ブラウスを着る際には脇汗用シートをつけています。
それのお陰でワキ汗を服にしみこませることなく、ばい菌が繁殖するのを抑えてくれるので、臭いの元がなくなります。

それをしていてもわきのところについた黴菌が臭うので、出かける前にスプレータイプの制汗剤をつけます。
夏場は汗で流れ落ちてしまうので、化粧室に行った時などにしょっちゅう脇の部分をアルコールティッシュを使って拭きます。

そのあとに、デオドラントスプレーをもう一度塗ります。
だけど、職場のトイレ等でスプレーすると、音が出て気になると思うので、その場合は塗るタイプのものも常備しておいてつけるようにしているのです。

それから、わきのムダ毛も衛生的ではないので、冬場もしょっちゅう処理するようにしています。
自分自身のニオイはなかなか気づきにくいものですが、なるべく清潔に保つことで匂いの元から対策をすることが肝心なのだと思います。

参考:AHCセンシティブのお試し通販!2980円で半年分試せる制汗剤
URL:https://www.realprintandfinish.com/

汗をかきすぎるのも困りものだけど…

汗の悩みに関する事でよくあるのが、発汗する量が多いことです。

けれども、適切な時に汗をかかない事も、また、困り者です。

汗って、デトックス効果もあり、カラダの温度を調節してくれるといった面もあるのです。

だから、汗をそんなにも嫌うこともないのです。

 

汗をかくのに相応しい時に、汗が出なければ反対に病気になる事もあります。

だから、適切な発汗が出来るように体調をいい感じに整えていく事を心掛けましょう。

 

たとえば、半身浴は体に良い事です。

半身浴する場合に間違いやすいのは、やたらめったら温度の高いお湯にして、すぐに入浴をやめることです。

あまりにも熱い湯船につかることは、体の為にはならないし、そのような入浴方法ではきちんと汗を出すことが出来ないのです。

 

汗に関する悩みで、適切な発汗が出来ないときは、自律神経が乱れているかもしれません。

適温の湯にゆったりと浸かり、自律神経の興奮を収めてあげることで、汗も正常にかけるようになるのです。

 

私自身が悩んでいることは緊張するような場面で汗が出てきていしまう事です。

頻繁には足を運ばない洋服屋さんや人前で話をする時など、汗をかいてしまうことが多くあるのです。

春夏秋冬出てしまうので知り合いと洋服屋さんに行って汗をかいてしまうと、「体調良くないの?」と友人が気を使ってくれるのです。

 

他にも、洋服屋さんに行くと洋服を試着する際もそれが気がかりになり試着もそこそこに買ってしまうので、良いお買い物ができないのです。

私自身引っ込み思案な性格なので、初対面の相手と話していると発汗してしまいます。

そのために、店舗スタッフの方から心配されたり煙たがられることもあります。

そんなこともあり、極力気の知れた人以外には近寄らないように控えめにしているのです。

 

他には、やはり汗をよくかくので体臭も気になっています。

香料などをつけると却って汗のニオイと混ざってしまい臭くなってしまうのではないかと気にしてしまうので、コロンやスプレーなど臭いが強い物は極力使わないようにしています。

 

沢山汗をかく方が健康的に感じますが、汗かきの場合は健康には感じません。

運動で発汗するんだったら大丈夫なのですが、チャイニーズレストランで辛みのあるものを食べてしまい、とんでもない量の汗が吹き出しました。

顔全体から汗ができてきて、机や料理にポタポタ落ちてしまったので恥ずかしかった事があります。

 

頭にも汗をかき、髪がべったりとなってしまい、薄毛がバレてしまいました。

髪の毛は風呂から上がったかのようになったので、タオルで拭いました。

 

更に、何度拭っても汗はひかなかったのです。

多分、中華料理がダメなんだと思ったのです。

体からは汗が出ていなく、首から上だけです。

 

そうなると中華のお店にいけなくなってしまい参っていました。

激辛ではないため食べたいと思うのですが、悩みますよね。

辛い料理は好きなんですけど、汗が気になり食べられません。

カレーの場合は汗はかかないのでよくいただいています。

自分が座って寄りかかっていたソファーから体臭が匂う

おなじ石鹸やシャンプーで毎日、というか子どもよりも入念に体を洗っているのですが、どういうわけか違う。

子供は、側を通るときに少しだけ良い匂いが漂う。

だけど、私からはニオイはしない。

むしろ、自分が座って寄りかかっていたソファーから体臭が匂う。

 

これがあの噂の加齢臭なのか?と思っただけで自分自身が年老いたことを認めなくてはならない気がするため怖くなる。

小さい時に感じたおとなのニオイって、私としては特有な感じがした。

ついにその時が来たのかと思うと気が気でならない。

 

十人十色、体のニオイを持っているのだけれど、それがきつい人とそうじゃない人がいます。

私の場合は、恐らくきつい方なのです。

それをケアするために、何をすればいいんだろう。

 

よく考えてやっているのだが、まずは食べ物でニオイが強いものを極力食べないようにしている。

それが例えカラダに良いものだとしても。

そして、もしニオイのキツイものを食べなくてはいけない時があって、それを食べた時には食後にサプリメントを摂るようにする。

これだけで効果がでるのかは、かなりあやしいところなので、食事のメニューには緑黄色野菜を入れるようにする。

 

これに関しては、私自身が言うのもおかしいのですが効果ありな気がします。

どうしてかというと、服に臭いがつかなくなった感じなのです。

だけど、一番問題なのは、やっぱり100%自分の体臭が確認できないところだ。

自分でニオイはないなというつもりでももしかすると臭っているのかもしれないのです。

 

ですからそうした不安から逃れるためにも、自分自身を綺麗にしよう。

それだけでなく、ニオイに不安を感じたらサプリで補っている。

そう思って生活している。

 

わたしは最近、健康に気を配って筋力トレーニングをしたり、タンパク質を摂ることを心がけていたりするのですが、明確に体が締まって脂肪が減ってといった効果を実感しています。

しかしそれら全部が悪い方へを出たのかもしれないけれど、なんとなく前より脇が臭う気がするのです。

脇のにおいは男性ホルモンと関連があると聞いた事があります。

ひょっとしたらそれかもというかんじではっきりとは言えませんけど。

 

それだけでなくわたしはよくワキに汗をかきます。

これは近頃の筋トレをやり始めたせいではなく、子どもの頃には既にその傾向があったような気がします。

さらにその脇汗により、服の両脇が濡れてしまって、そもそも臭いがあることはわかっているのです。

 

けれどもわたしはワキガじゃないのです。

このことは私だけの判断ではないので間違いありません。

だけど最近一日着た洋服がこれまでよりもニオイが濃いような気がします。

 

更には少しわきがっぽい感じもします。

以前は問題なかったのが食習慣の変化でワキガを発症、もしくは発症し始めたところかもしれません。

わたくしもワキガになりたくありませんのでこの先は消臭効果のある食材を摂ったり、必要以上にたんぱく質をとらないように気をつけたいと思います。

 

雑誌などで加齢臭の特集がよく組まれたりしますが、高校生男子の体の臭いもちょっとどうかと思います。

主には電車内で、午後の時間帯です。

スポーツもしてるだろうし、クーラーも学校だとガンガンにかけませんよね。

学生生活ってそんなものなのだからしょうがないのでしょうが、どうにも我慢が出来ません。

 

何と言っても高校に通う男の子たちのスポーツでかいた汗。

男の子は部活後に皆と帰るって感じなんでしょうが、6、7人くらいいて、だれか一人の匂いなのか、もしくはみんなニオイを発しているのか、かなり強烈な「脇臭」や「汗臭」や「足臭」のブレンド攻撃です。

また入っている部によっては持って帰るユニフォームなどからも臭いニオイがする場合もあります。

部活帰りの17、18歳くらいの男子は遠巻きに見ているぶんには、可愛いですが近くでは困りものです。

 

テストか何かで電車が一緒にならない時は快適です。

彼らは体臭を気に掛けたりしないのでしょうか?この頃の男子高校生は、一昔前より身なりに気遣っていて清潔感あるイメージは一般の高校生には当てはまらないってことかな。

帰りの電車の中では、口元にハンカチは欠かせなくなっています。

デオドラントが肌に合わない場合は運動と食事で対策を

汗のニオイや、脇のニオイ、誰でも一度は気になったことがあるのではないでしょうか。

体臭は自身で認識しづらいので、「ニオイがしているかな」と気に掛かる事もあると思います。

制汗スプレーなどを利用するのも1つの対策となりますが、肌に合わなかったり、洋服にデオドラント剤のにおいが移ってしまうからと敬遠している人もいると思います。

この記事では、デオドラント製品を利用しない汗の臭いを抑える方法をご案内いたします。

 

基本的とも言える効果のある対策は、日常的に全身運動をしたりして、汗を掻く事。

汗腺や皮フに蓄積した垢や汗は、ニオイの元となります。

そんなニオイの元を日ごろの運動で詰まらないようにしておけば、基本的な汗臭などは大幅に減ります。

春夏は外で体を動かせばしっかりと汗が流せます。

発汗しにくい寒い時期は室温が高めの室内で汗を出すといいと思います。

 

次に、「体臭」が作り出す食べ物を控えることです。

メンチカツや竜田揚げなどの揚げ物や、ネギや香辛料といったニオイがきつい食物を普段から大量に摂取すると、体臭もきつくなります。

それから、酒も代謝される際にとても臭いものに変化していくのです。

そのような食物や酒類の過剰摂取に心当たりのある方は、節制を心掛けると体臭が軽減されるかもしれませんよ。

 

汗の悩み事というと、頭の汗が挙げられます。

キュートな帽子をかぶっていると、頭の汗のせいで台無しになってしまうのです。

かわいい帽子を取って、汗でべちゃべちゃだった場合、憂鬱になるのです。

 

髪の毛の場合、ヘアスタイルを決めるのに、ムースやスプレーでいい感じに固めたりしますよね。

ですので、髪の毛においての汗の悩み事って根深いものがあるのではないでしょうか。

わたくしは、出来れば頭から汗は出てほしくないです。

 

仮に、頭の汗の悩みが解決できるようなものができたら、試したいと思っています。

頭から出る汗というのは、そんなに暑くない時でも、自ずとかいている事が多いです。

ですから、無自覚のままたくさん汗をかいてしまい、知り合いに「汗だくだ」といわれた事でようやく気がついたりするのです。

頭皮の汗を吸ってくれて、あっという間に気化するような機能が備わったぼうしがあるのであれば、それなりに高くても使ってみたいと思っています。

 

私自身の性質だと思いますが昔から多汗症で夏の時期だけじゃなく、冬でも暖房が効いた温かい所ではにおいと汗のシミが気になるのです。

暑い時期に白いTシャツを着るときは下にタンクトップは欠かすことが出来ませんし、日に2~3度着替えます。

汗をかいている時にエアコンが効いている屋内に行くと洋服が濡れているため、体が冷めてしまうため体調を崩す事もまれにあるのです。

 

他にも汗が出たせいで化粧は崩れてしまうし、日焼け止めなども落ちてしまうので肌コンディションも夏はベストではないです。

また汗って乾いてもシミになってしまうとか、加えて臭いとか事と次第によっては白い粒がふいてしまっていることもあるので1日中外出している時には着替えとか持ち込むと荷物になってしまうし、着替えられる場所を探し出すのも大変と言えます。

 

スプレー式の制汗剤やデオドラントクリームも使用してみたのですが、あんまり効いてない気がしますし、でも手術をするのは費用も掛かってくるし悩んでしまいます。

そして年を取ったためか以前以上に臭いが気になるようになってきたのでミドル脂臭に有効な石鹸を使っているのですけどどのくらい効果があるのだろう?といった程度なのです。

 

私はワキの所から汗が出てくるので、一年中、臭いなどに気をつけています。

汗で色が変わるような色のシャツを着ていると、見えてしまいます。

会社の同僚からわき汗をツッコまれて、恥ずかしくなりました。

 

けれども、自分で汗をかかないようにするなんてできないため、考えないようにしていたのです。

ですが、よくよく考えてみると、自分の汗は仕方がないとしても目の前の人の脇汗を見るのってイヤだと思ったのです。

 

私もホントは、人の汗は見たくはないと思います。

運動した後で爽快な汗でも、できる限り見せないようなシャツの方が良いのです。

そのうえ汗のみならず、汗のニオイもあると最悪です。

私としては臭いには気をつけている方ですが、人のにおいは気になります。

 

ですから、私自身は暑い季節はアルコールを口にしないようにしています。

アルコールがにおいの元になりやすく、自分が臭う事が分かったからなのです。

 

冬の時期でもカラダが冷えないように葫を食べると、暖房がついた部屋ではニンニクが汗のニオイとなってしまうのです。

そのため、季節を問わず、汗と臭い対策は必要不可欠なのです。

 

自分は汗が出るとまわりがどう思っているのかが気になっています。

自分でもベタベタするので嫌だし「何で運動したわけでもないのに汗が出てくるのかな」と思うのです。

普通の作業にも大量に汗が出るのでフェイスタオルと替えのシャツは必須アイテムです。

 

ハッキリと言われたわけではありませんが、誰かがクサいって言っていると思い込んでいる自分がいるのです。

聞いた事すべてをマイナスに考えていると考えるときもあるのです。

 

発汗するのは当たり前の事ですし特別な事ではないのに、それをバッシングする人もいるので、そこは自分の気持ちの処理をどうするかが大切になるんだと思っています。

非難するならそうすればいいという風に考えるのって難しいなと思っています。

 

他人に面倒をかけたくないと思う事って当たり前の事ですが、多汗症を気にしすぎて友だちに気づかいさせていては気の毒だし自分自身も辛いのでやめようと思いました。

心遣いは大事なのですけど自分を追い込んでまで悩まなくても良いと思い直しました。

他人を非難する人は何かあれば口にするので、汗臭以外でも全般的に文句を言いたい人なんだなと思いました。

足元のニオイに悩み出したきっかけ

10代の頃から自身の足裏のニオイに悩んでいます。
ことの発端は高二の時、部活の休憩のときに友人たちと輪になっている時に一人の子が「なんか最近足臭がするんだよー、ちょっと靴匂ってみて」と仲間にスポーツシューズを回しました。
そんな事からその場にいた全員のシューズの嗅ぎ合いっこがスタート。

言い出しっぺの子の靴は彼女自身が言うほど匂いは強くなく他の友達たちも「全然平気じゃん」と笑顔を見せていました。
あたしの靴の中を嗅ぎ出したとき、皆の顔が明らかに歪んでいました。
それ以来私自身の足元のニオイに悩み出したのです。

大学生になって、バイトの後にバイト仲間と飲む約束をしていた時のことです。
バイト先ではくつ下にスポーツシューズで働いてたのですが、その日は夏だったので自分ちからはサンダルを裸足で履いていました。
ホイホイと、約束通り友達んちに飲みに行くことにしました。

玄関を上がり、席に座った数分後、何かが臭ってきたのです。
もしかしてこの臭いは・・・と思い、トイレを借りるついでに足の匂いを嗅いでみたら、「くさっ!」となりました。
もう「ヤバイ」の一言です。

真夏の時期で何人も素足の人がいたので、臭いの原因が私だと、特定する事はできないだろうなとは思ったけれど、一刻も早く抜け出す事を考えていました。
その日以来、バスタイムには足先をしっかりと洗浄し、足専用デオドラントは一年中つけるように心掛けています。

わたしは若い時分から少々わきが気味でした。
わき専用のデオドラントスプレーをやっておけばニオイにくくなっていたので特に人目を意識せずに生活できていました。
でも、40歳近くになってから新たな悩みが出てきたのです。

わきが臭以外の体臭が発生している事に気付いたのです。
まだ体のどの部分が臭っているのか明らかになっていませんが、着けていた衣服が何とも言えない臭いを発しているのです。
それが発覚してからは不本意ながらもこのニオイ問題を知り合いに聞き回ったり、本で情報を探ったりしました。

それで、この臭いは加齢による体臭だということを知りました。
あの俗に言う「オヤジ臭」です・・・、まさか私自身がそんな匂いを発するようになるとは思いもしませんでした。
すごく落ち込みました。

このニオイで大変なのは、衣類ににしみた加齢臭が洗濯機にかけても完全消臭できないところです。
わたしは寝るときにはパジャマを着るのですが、特に襟首らへんのにおいは入念にクリーニングしてもなかなか落ちません。
「加齢臭」とは一生の付き合いになるのでしょうが、可能な限り他人に不快感を与えないよう気を付けていきたいと思います。

発汗するくらい暑い季節になると、両手の指が汗ばんできます。
うなじや額などからも汗は出るのですけど、特にベタベタっとするのは手の指です。
以前は両手の指が発汗するなんてありえなかったのですけど、年齢を重ねてくると体質も変化するみたいでわたしの悩みのひとつになりました。

汗がしたたり落ちるくらいではありませんが、例えを出すと揚げ物を握った時みたいな感じです。
夏の時期になると、私自身が持ち歩いている物はベタっとしているのです。

一例をだすと、携帯の場合は常時べたついた手触りなのです。
指をタオルで拭いてから携帯電話を操作するように心がけてはいますが、ずっと操作していると知らない間に指汗をかいてしまい携帯がベチョッとしているのです。

他にも、おサイフも家に戻ってからウェットティッシュで拭かなきゃならないくらいベタついているのです。
お友達にその話をしたら「気にし過ぎてるだけだよ」と言われましたが、現実につかった直後の携帯電話に触れて貰ったら私が困っているのが分かったみたいです。

まだ小学生低学年の娘がいるんですが、まさかこのような年端もいかぬ子供の両脇からニオイがするなんて…。
想像もしていなかったのですが、うちの子が汗をかきかきかえってきたある日のこと、おフロタイムになんか異臭がするなと思ったら、我が子の脇からものすごくツンとする匂いが出ていたのでビックリしちゃいました。

足ならだれだってニオイが発生する事もあるでしょうがそれにしても「脇臭」はショッキングでした。
今までこんな風に子供の脇の下の臭いを感じた事がなかったのでちょっぴり慌ててしまいましたが、入浴を手伝う時にキチンと汗を流してあげました。

まだ小さいので綺麗に洗ったら脇臭はしなくなっていましたが、何と言うかデオドラント剤をやったりして一日をスタートさせるのもちょっとどうかという感じなので対策が分からず少しばかり頭を痛めています。
10歳にも満たない子が、そういうデオドラントスプレーなどに頼るのも何となく怖いのでとにもかくにももっと体を清潔に保つようにさせないとなと考えています。

毎晩お風呂に入っていても、汗を掻いたら服を取り替えるなどをしっかりと実施していきたいです。
脇部分のニオイって7、8歳の子どもでもニオイが出るんですね。
結構ショックなもんですよ。