30代前半から徐々に身体のニオイが感じられるように

以前は汗の匂いなど気にした事はなかったのですが、30代前半から徐々に身体のニオイが感じられるようになってきました。
まあ平たく言えば「加齢臭」ですね。今はスメハラなんてのもよく聞きますし、世の成人男性は相当用心しながら生きていかなければなりません。

わたしは金属を加工する仕事をしているので仕事をしている時は機械油の臭いでカラダの臭い嗅ぎ取れませんが(職場自体臭いですが・・・)、さすがに自宅に戻るとカラダの臭いが分かります。
勿論、私の洗濯物は妻や娘と別々です…。

そこで頑張って防臭ケアをするようにしました。その対策とは「身体を清潔に保つ」です。
なんだそんな事かって思いました?だけど現に、口内や髪、身体と念入りに磨き上げれば体臭は激減すると思いました。
足元の匂いは「重曹」を使って洗浄するとほぼ無臭になりますよ。

職場や外出先で発汗したときは抗菌タオル等で小まめに拭いておくだけでも防臭対策となります。
薬局で手に入る汗取りシートだともっといいかも知れません。
口のニオイは食事の度に歯の汚れを落とすのが理想的ですが、ブクブクをするだけでも臭いにくくなります。

「清潔」を心掛けることは健康面においても良いことなのでぜひ試してもらいたいです。
それから女性の方々に向けては、我々の頑張りを何卒ご了承下さいまし。

皆さまは自分の体のニオイにおいて気にしたことがありますか?わたくし事で恥ずかしいのですが自分の足臭をとても気にしているのです。
1番の足のニオイを気にするのは、仕事終わりに、飲み会に行き、座敷で食事をするような場面で、ブーツを脱いだ瞬間に足から臭いニオイが、プーンとして仲間たちに知られないかと気になってしまいます。

どうして足はクサくなるのでしょう?原因は多数あります。

一日中同じ靴を履いていて蒸れる。
靴に通気性の良くない素材が使われている。
自分の足に合わない靴を履いている。

などなど靴の方に何か問題がある場合があるのです。

他にはクツシタです。パンティストッキングなど通気性の悪い素材の靴下を履いていた場合や、足が湿った状態のままソックスをはく。
汗に汗をかいていても、同じソックスを履いて替えなかったりした場合です。
靴やクツシタの他にも足自体にトラブルを抱えている場合は、足の洗い方が不十分、暑かったりスポーツ後などで汗をかきやすい状態になっている。

などの原因はいっぱいあるようなのです。

そんな気になる足臭の対応策としては、靴を隅々まで洗う、湿り気がなくなるように晴れた日には靴を天日干しする、自分に合った正しいサイズの靴を用意する。
などなど、自分だけではなく周りの人にも不快感を与えないように対処していくことが大切です。

顔に汗をかいた時に、とてもヘンな臭いがします。それは鼻周りから臭ってきます。
皮脂の酸化の臭いだと思っていますが、においを嗅ぎ取る鼻の近くで発生している臭いです。
鼻の脇の方からニオイがしているので、結構キツいです。

このにおいは、発生当初から嫌で嫌でたまらないのです。意識しているので、過剰に頑張ってその臭さを確認してしまいます。
ワタシは自慢できるくらい臭いには敏感なのですが、ここまで敏感じゃなくても良かったのにって感じです。
おばちゃんみたいなので、私はやんないなと思っていたことを今年になってするようになりました。

それは寒い家の中で、タオルを首に巻くということです。
肌ざわりの良いタオルを利用すると、ぬくぬくとして上手く首への保温が出来ます。
マフラーも勿論持ってはいるのですが、自宅ではタオル巻きするのがお気に入りです。

そこで一つ問題がありまして、首元に巻いているとニオイがタオルに付着してしまいます。
首元のにおいがタオルから臭ってくるのです。洗濯ものが増えるばかりで、首周りに付けるタオルは2日に一回チェンジしています。
一回目は横に三つ折りとしたものをまき付け、翌日は一回目に首側にきていない面を中に持ってきて巻いています。
タオルからするニオイが臭いと思っているのに、わざわざ嗅いでしまうのが人間の本能というものなのでしょうか。

私は脂っぽい匂いを出している人に対して不快感があります。
満員電車などでプーンと臭いがしてくると吐き気をもよおすので口で呼吸するようにしています。
咳き込んでしまいそうになりますが、私なりの気遣いとして控えております。

脇のニオイよりも自分はこの皮脂臭の方が嫌いで多分これは頭の匂いだなと思っています。
よくおじ様が通るとニオイがしてくるので中年男性とはなるべく距離をとるようにしています。
単なる汗臭であれば我慢できるのですが、中年の男の人の脂の臭いを嗅いでしまうと気持ちが悪くなってしまいます。

脇下が臭う時と違って頭の地肌のケアはみんなシャンプーだけしかしていないと思いますが、「頭皮臭」を改善するアロマオイルなども売っているので是非お手入れをやってもらいたいです。
近ごろは老年人口も増大し中高年の男性も増え続けているので是非とも頭皮臭ケアはキチンとしてもらいたいです。
しかし、「体臭」に関して過熱しすぎると、今後はナチュラル志向の方が増えることもあるかもしれませんね。

ローフードという食事法をなるべく実践するようにしています

私は美容の為に、ローフードという食べ物を加熱せずに食べるという食事法をなるべく実践するようにしています。

ローフードというのは加熱していない生の食べ物という意味で、例えば野菜なら生のサラダで食べるようにしたりフルーツも勿論生で食べるようにして、クルミやアーモンドなどのナッツもロースとしていない生のものを食べるようにします。

毎日の食事をほとんどローフードにすると、体がとても軽くなって脚や腕やウエストが細くなりスタイルが良くなります。
それから精神的にも良い影響が出ます。
加熱調理した食べ物は、食べ物に含まれている酵素が無くなってしまうので、体内で消化する時に体に負担がかかりますし、肌荒れにも繋がってくると思うのです。

私が毎日食べているものは、バナナやパイナップルやグレープフルーツなどの果物、それからサニーレタスやミニトマトや人参などの生野菜、そしてローストしていない生のクルミやアーモンドなどです。
こういった食べ物を毎日食べるようにしていると、酵素を沢山取ることが出来るので肌が綺麗になり、吹き出物が出来にくくなります。
なのでローフードは美容におすすめの食事法です。

遅延型フードアレルギーという言葉を知っていますか?

「遅延型アレルギー」という言葉をご存知でしょうか。

一般的に”食物アレルギー”というと1時間以内に下痢や嘔吐、蕁麻疹などの症状が出ることで知られており、このタイプのアレルギーは食べてから症状が出るまで時間が短いのですぐに気づけるものです。

しかし、アレルギーには遅延型というタイプもあり、これはほとんどの人が持っているにもかかわらず、症状が出るのが1?3日後なので、自分がその食べ物にアレルギーを持っていると気づかないものです。

日常的に多く食べている食品で、日本人に多い遅延型フードアレルギーは

卵(卵黄、卵白それぞれ)
牛乳

などですが、遅延型フードアレルギーの場合、症状の出方が、肌荒れ、鼻水、頭痛、などの風邪などの症状に近いです。

特に、卵は必須アミノ酸、ビタミンC以外のビタミンが豊富に含まれた、優秀な美容食ですので意識的に食べている人も多いと思いますが、もし肌荒れなどの体に不調が出ているのなら、頻繁に食べているものを試しに一週間ほど控えてみてください。

ちなみに、食べ物ではないですが、本屋さんや図書館に行くと’”お腹がいたくなる”という人は古い本の”カビ”にアレルギーがあります。

美容のためには、何を食べるかよりも「何を食べないか」意識することもとても大切なことです。
参考にしてみてください。

食事を変えて健康と美容を変える

ここ毎日体に良い物を摂ることを心がけています。

朝ごはんをちゃんと食べて昼ごはんには健康的な定食を揃えている食堂へ行きます。

そして夜にはビタミン、鉄、亜鉛のサプリを飲んで夕食にはできるだけ野菜を多く摂るようにしています。

また、体に良いとされる梅干しを納豆と一緒に食べるといった特定の食べ物を習慣にする工夫をしています。

良い物を食べることで体が変にだるいような重さがなくスッキリして肌も元気になり化粧ののりが良くなったようにに感じています。

しっかり食べる分、体重は増えたかもしれないけど体への負担は減っているはずです。

疲れやすさもなく長距離の散歩に嵌まっているので、それに合わせて体重もバランスがとれてくると思っています。
今までは朝食を摂らなかったり、甘いものを沢山食べたりといった生活習慣だったので目眩や体重はそんなになくてもだるさや疲れやすさが出ていました。

体重が多少増えても今のように良い物をしっかり食べる生活の方が気に入ってます。
これからも良い物を食べる生活を続けて習慣にしていきたいです。

 

鮮度がいいものを食べること

美容に良いことをしたいと思ったとき、まず頭に浮かぶのは食事のことです。
食事を変えてきれいになりたいと思います。
食事を変えることが1番手っ取り早く自分を変えられると分かっているからです。

エステサロンや美容院へ行くことも自分を変えるためにはいい方法かもしれません。
それを頭から否定するつもりはないけれど、わたしが好きなきれいになる方法は食事を正しく摂ることです。
食事のバランスを考えて食事の質をよくするだけでもアンチエイジング効果があります。

食事の質を高めるというのは高級な食材を食べることとは違います。
高級な食材を食べても残念ながらきれいにならないと思っています。
わたしがおこなっているのは「新鮮な食材を食べる」ということです。

鮮度が落ちてきたモノを半額で購入して食べるのではなく、できるだけ新鮮な食材を新鮮なうちに調理して食べることです。
これができればだんだん肌にツヤが出たり、身体に元気が復活するような気がします。

睡眠時間の確保

私には、美容のために気をつけていることがあります。

それは睡眠時間の確保です。

睡眠時間を確保することにより、その日の疲れがしっかりとることが出来、そのことにより、精神面での安定さを保つことが出来ます。

その日の疲れをとることと精神面での安定さは美容に大きく影響をもたらします。

睡眠時間が少ないと、疲れがとれません。

そうなると顔にクマが出来てしまいます。

クマは美容にとって、大きな天敵です。

クマがあるとメイクで隠そうとしてしまいます。

そうするとメイクが濃くなり、肌の透明感が失われます。

肌に透明感がないということは、美しさが減退することになります。

睡眠時間が少ないことにより精神面での安定が保てなくなると暗い表情になってしまいます。

暗い表情をしていると、眉間にしわが寄ってしまったり、ほうれい線が目立つようになってしまいます。

暗い表情をし続けることは、シワの原因になります。

上記2点のことから、私は、睡眠時間を確保することが美容に大切だとおもいます。

みなさんもしっかりと睡眠時間をとって、少しでも美しさを保てるよう、心がけてください。

美容も健康も日々の食事から

医食同源と言いますが、美容もまた食事によって作られるところが大きいと思います。
だから私は美容のために自炊して、バランスの良い食事を心掛けています。

生来むくみやすい体質なので塩分を控えたり、
年々痩せにくくなっているので油分や糖分を控えたり、
または冷え性なので生姜など身体を温める食材を豊富に取り入れる…
そんなふうに自分の体質・体調に沿った食事をとれるのが自炊の利点です。

また長年料理をしていると「これを食べていると調子がいい」という物が分かってきます。
私の場合、特に納豆と人参が好きで常備しているのですが、立て続けに食べると肌の調子が上がるんです。

まず納豆は胃腸の働きを良くしてくれるそうで、だから肌荒れ知らずなのかなと思います。
「納豆食う人、色白美人」という言葉がありますが、美人はさておき私も色白です。

そして人参ですが、ある日大量に頂いたことがあり、毎朝晩欠かさず料理していたんです。
すると肌が健やかにツルツルしてきて、調べてみると美白にもアンチエイジングにも効果があるそうです。
以来切らさないように気を付けている野菜です。

自炊は面倒な時もありますが、高額な美容液を買うよりはるかに安く美肌と健康が手に入るのですから、一石二鳥ですね。