自分の時間をキープするついでに出来たオプション

下の子が生まれてから自分に費やす時間を作れなくなってきたので、暑くて割と早く起きることが出来る去年の夏から4時に起きるようにしました。
元から「美容の為」と意気込んではじめた訳では無くて、自分の時間をキープするついでに出来たオプションだったりしますが、子供たちを寝かしつけた後にいそいそと家事をしていた頃と比較して目元のクスミもうっすらとしてきて、肌のツヤもいい感じになってきました。

もう一つ嬉しいオマケとして、生理の前の腰痛が軽くなりました。
幼稚園の送り迎えに徒歩で行っている為、本当にありがたいです。
他にもできる限り綺麗を維持する為に、あえておでこを出すことにしました。

元々は本に「おでこを出すと幸運を呼び込む」って書かれていたのでとりあえず試してみたのがきっかけなのですが、これを習慣にしてみたら「顔がぼやけがちだから眉毛をしっかり描かなくちゃ」とか「おでこも綺麗な方がいいから下地からしっかりやらなくちゃ」なんて勝手にお化粧の事に集中するのです。
私みたいなめんどくさがり屋さんにはこれくらいがいいのかもしれません。

今より綺麗になるために、それから現在より健康体になるために関節が緩やかに動くことに気をつけています。
残念ながら関節は年と共に硬くなっていきます。
放置していると年齢を重ねるとともに関節の可動域が狭くなるのを感じます。

関節って柔らかくなるには時間を要し瞬く間に動きが悪くなってしまいます。
うっかりしていると動くようになった関節もあっというまに硬くなってしまうのでつねに関節を気にかけていることが大事です。
やっかいだな…って思ってばかりですよ。

しかし老いてから股関節や肩関節が固まって歩くのが困難になるくらいなら、若いうちからがんばって関節をしなやかにしたいと思うのです。
言うのは簡単ですが現実にこれを行うことは簡単ではないです。

でも、入浴後だけでも忘れずにストレッチすれば関節が強ばる確率が低くなります。
開脚運動だけでもいいし、前屈するだけでも良いでしょう・・・。
肩関節の体操のみでもいいしどこでもかまいませんが、とりあえず毎日ストレッチを続けることをあたしは忘れないようにしています。

私自身が美容の事で気をつけていることは、先ずは睡眠です。
寝不足というのは美容面だけでなく、健康を損ねる要因のひとつです。

最初は体調不良がきっかけでやり始めたことが、美容にも良いんだという事が分かったのです。
横になる二~三時間前には夕飯は終わらせています。
お風呂に浸かって爪もみとふくらはぎのマッサージをします。

この時、半身浴をして湯船にゆっくりとつかります。
わたしに場合は入浴する前に軽くストレッチしますが、お風呂のあとの方がからだが温まって、柔らかいので、良いと思います。
お風呂上りは水分を補給し、甘いおやつなどは避けています。

夜10時~2時に睡眠をとると成長ホルモンが分泌されて、美容に良い効果があると言われていますが、成長ホルモンは眠りについてからの三時間に分泌されると言われています。
この場合、眠りにつく時間帯を気にしなくてもすみます。

ただ、朝日にあたらないような生活をしている方は、朝の陽ざしを5分だけでも浴びることが必要になります。
人の体内時計は一日以上あると言われていますが、朝日を浴びた時に修正されるのです。
良質の睡眠をとる事で、健康・美容といった事にも効果が得られると思います。

春から夏にかけて、女の人にとってもっとも心配な事は紫外線ではないでしょうか。
いつものケアを念入りに行ったとしても、UVケアの手を抜くと肌は一気に老け込んでしまうのです。
自分は日焼止めはいつもつけていますが、紫外線の量が増える5月頃から、日傘やサングラスで日焼を防いでいます。
サングラスは一番重要です。

実をいうと紫外線って目から侵入していることを知っていますでしょうか?
紫外線を目から吸収する事で、脳からメラニン生成をするように働きかけるので黒くさせてしまいます。
その他目の病気の予防のために自分の家では、子どもにもお出掛けの際には極力サングラスをさせています。

サングラスの購入時の基準ですが、紫外線を防ぐ割合の高い物で、かけた時に隙間ができないようにぴったりくるものを選んでくださいね。
せっかく効果のあるサングラスでも、顔にぴったりとしてなくて上下左右から紫外線が当たってしまうのはかける意味がなくなります。

また忘れやすい箇所は首の後ろ側です。
スカーフを使うとおしゃれ度アップですし、手軽にできます。
髪の毛を縛っている方にはお勧めの方法です。

工場で働いていた時の耐えられない汗臭さ

工場で働いていた時の話ですが、クーラーもなく扇風機がいくつかあるぐらいでした。
夏の暑さが半端なくて倒れそうでした。
どちらかというと外のほうがまだ涼しいのではないかというぐらいです。

水は飲み放題だったのですが、制服の汗くささはヤバかったです。
違う部署はクーラーがあったりするのに時給が同じという不平等さ。
自転車通勤で汗をかき、仕事場で汗をかきという感じでした。

周りの人も汗臭いので、本当に大変な仕事でした。
体全体的に臭い感じで脇も足も臭かったと思います。
いつも、靴に臭い消しが必要なぐらいでした。

しかし、汗をかくことによって痩せました。
まるでサウナのようでした。
よく、休憩中に抜け出し、男性用の汗拭きシートで体を拭いてました。
それだけでも全然違います。

そこにいたのは1年だけでしたが、違う部署に異動した時、寒いぐらいに涼しくてあまりの違いにビックリするほどです。
最初に入ったタイミングと運だなあと思いました。
女性はこういう職場で働くことになったら身だしなみに気を付けておきたいですね。

ワキガ対策クリーム⇒クリアネオ

あんまり自分自身では気に掛ける事もなかったのが、この足の臭いです。
私は仕事の都合上、日々ストッキングを着けています。
どんなスタイルの時でも、パンストでなければなりません。
だけど、この「ストッキング」のせいでここまで足が臭くなっているなんて、今まで長いこと履いてきましたが、一つも認識していませんでした。

この間、仕事場の同期会あったんです。
予約でお座敷をとっていたんですよね。
当日は天気が悪かったので、靴の中まで雨が入り込んでいました。

店の人が、気を利かせてタオルを配ってくれましたが、湿った感じは残ります。
そういった状態のまま座布団に座り、ちょっとしてからトイレに立った時のことです。
ふと初めて嗅ぐようなニオイを感知しました。

「くさや」っぽい匂いだけど・・・と顔をしかめましたが、そんな香りがするような料理はなく、首を傾げながらもパンプスをはこうと、しゃがんだと同時に、真犯人が分かったのです。
そうです、この悪臭はくさやでもなんでもなく、我が両足だったんです。

ワタシは14歳くらいから脇の臭いに悩んでいました。
クラスメイトからは匂いがキツいとよくからかわれていました。
高校生になってからは脇用のパウダースプレーでケアしてなんとかバレないようにしていました。
「腋臭」があるのはとても辛かったです。

OLになってからもあらゆるデオドラントを使いなんとか臭わないようにしていました。
毎朝家を出る前にスティック型デオドラント剤をつけて、それをニオイ対策としていました。
ですが、会社を退社してフリーターになった時、バイト仲間に「腋臭だよね?」といわれてショックで悩みました。

時間は自由がきいたので、クリニックにいき腋臭手術をしてもらう事にしました。
治療費は11、12万円くらいでした。
始めに検査をして「耳の中とか湿ったりしない?」とお医者さんに質問され、「ウェットタイプです」と返事をしました。

診察後にわきが手術が決定し、1週間程度入院してわきが手術を行いました。
手術自体は1~2時間程度で、あとは経過の後、糸を抜くのを待つばかりです。
糸を取れると腫れも引いていき退院出来ることになりました。

脇臭はゼロになって気にならなくなりました。
本当に手術をやって不安も解消されて堂々と生きていけるようになりました。

高学年になったあたりから、息子の頭のニオイが気になり始めたのです。
お風呂に入った後でも匂っていたので、最初は丁寧に洗っていないからだと何度も何度も「ちゃんと洗って!」と叱っていましたが、ある日辛抱できず代わりに私が洗い、頭のニオイをかいでみると、「なんだか臭う」。
それくらいの年になると、全身からなにか特別なものが出るのかな?と本気で悩んでしまいます。

クサイ臭いを漂わせていたら、いじめにもつながりかねないので何とかしてあげたいのですが、そもそも本人が気に掛けていません。
何を使っても適当にしていれば効き目もわからないし、お風呂だって一緒になんて入らないし、まさか毎日わたしが洗うわけにもいかないし本当にこまっています。

もう少し成長すれば臭わなくなるのか、息子自身が考えてくれるのか。
いずれにしてもどうすることもできず、一人で頭を抱えています。
瞬殺で臭いを消してくれるような何かがあればいいなと思いますけど、そんな物なんてないですよね。

ずっと飲んでいたミルク入りコーヒーをやめてみたら…

自分は、美肌のために水を飲むことを日課にしています。
噂では水を飲むことが美肌にいいと聞くのですが、あたしも実際にそう思います。
わたくしは、家で仕事をしていますが、自分でいつもミルク入りコーヒー(無糖)を煎れて飲んでいたのです。

一応、低脂肪乳を使っていましたが、そう言いつつもそれだけの量を飲んでいましたので、やはり体重が増えてしまいました。
職業柄、ほぼ1日座ってばかりいるので、どうにか少しでも改善策はないかと悩んで、お水を飲むことに行き着きました。
ずっと飲んでいたミルク入りコーヒーをお水にしたところ、体の動きがよくなって、脚の浮腫みとかもスッキリしてきました。

更に、利尿効果があるのかどうかわからないのですが、お手洗いに行く回数も増え、体重的にも少しずつ減ってきたように思えます。
お肌への効果は今のところ確認できないのですが、お水を飲む事によって、お肌の水分量も変わってくると思いますので、これからがとても楽しみなんです。

だから、お水を飲み始めて、現時点でわかっていることは、むくみがとれたことやダイエット効果(もしかしたら、尿の出がよくなったのは新陳代謝が上がってきているからかもしれないです)等です。
一日2Lほど飲むと良いと聞くのですが、今の時点では1リットルくらいがやっとですので、段々量を増やしていって、より美容効果を実感できるように、がんばろうと思っています。

私自身が美容関係で心がけている事というのは、「クルマを運転する時には確実に手袋をする」事です。
簡単にできて絶対に忘れません。
自分でもよく見えるし他の人からも見られる手を、真剣に紫外線から守ります。

車での移動がたとえ3分程度だったとしても、少しの間だから手袋はいらないという考えはありません。
遠くへ行く時もすぐそこまでの移動でも、同じように車に乗ったらアームカバーをします。

わたしがいつも使っているのは黒いもので一番長いロングタイプです。
今の時期わたしはノースリーブやキャミソールを着ていることが多いので、この手袋は無くてはならないものです。
これがあれば安心なのです。

脇近くまですっぽり覆える長さなので、このスーパーロングの手袋は必需品です。
しかもUVカットの素材を使用しているので、ほとんど紫外線を通過させません。
車に乗るときの美容対策で非常に頼れるアイテムです。

私が美容のためにしている事は「笑うこと」です。
昔は1日を笑って過ごしていたと思うのですが、大人になるにつれて笑うことが減ってきたように思います。

特に笑えるような事がなくても家族と一緒にいるだけで大笑いできた事を思い出します。
如何して笑うことが美容にいいかという理由は顔の筋肉が鍛えられるからです。
大きな口を開かなかったり普段から笑わない生活だったりするとどんなふうになるのかというと、顔の筋肉が衰退するので頬などがたるんでしまうのです。
頬がたるむと見た目の印象は歳をとって見られてしまいます。

日々、自発的に意識して笑うと、しわの防止もできて口角も上がるようになります。
芸人が出演しているバラエティーや、面白そうな映画やドラマがやっていたら録画しておくようにしておきます。
それに、終日笑えなかった時は「笑ったつもりの顔」をするだけでも効くようなので試してみてはいかがでしょう。

若い内は好きなものを好きなだけ食べていても健康でいられるけど…

毎日の三回のご飯に気を使う事で美容と健康には良い状態にになるのです。

年を取ると、お肌のシワや弛みといったトラブルや悩みが増えます。

若い内は好きなものを好きなだけ食べていても健康でいられますし、肌の状態も綺麗に維持できることがあるのですが、年齢と共にそれができなくなります。

 

また紫外線で受けるお肌の痛みはとっても大きいので、外出する際には日焼け止めクリームを塗ったり、昼間に出かけないようにすればだいぶ防げます。

朝食・昼食・夕食の食事の質を上げる事が出来れば、色々な効果を実感する事が出来ます。

肌の調子が良くなるだけじゃなく、年齢とともに代謝が悪くなることで太った人が細くなっていく実感が得られると思います。

 

ダイエットで食事を制限してしまうと、栄養バランスが悪くなり健康的に体重を落とすことが出来ないので、1日の3回の食事の調整にはしっかりと注意する必要があるのです。

ずっと綺麗なままでいたいと思い気持ちが美容には肝心なのだと思います。

 

毎日毎日暑い日が続いて、サンサンと降り注ぐ太陽ばかり見ていると紫外線たっぷりで嫌になっちゃいます。

肌にとって太陽の光は天敵!日焼け止めクリームを塗りさらに紫外線カットのファンデーションを使うのですが汗で流れてしまい大変。

何回メイクを直しても大量の汗と共に流れていって、いつも汗と、紫外線とで戦っています。

 

それから、気をつけるべき箇所がデコルテとうなじ。

UVカットクリームを塗りその上に肌を隠すように気をつけて外出するのですが、帰ってくると赤くなっている事もあります。

そんな日は、風呂から上ったら、火照った体を冷ますのと併せて、美白効果のあるボディミルクを塗るようにしています。

 

当然基礎化粧品も美白効果のある物を選び、入念に手入れをしています。

どんなに日に焼けないように注意していても、やはり日焼けしてシミやシワをつくってしまうことになります。

 

そして、疲れが見えると、よけいにしわが目立ち、顔もたるんでしまいます。

こういう日は熱めの湯船にのんびり浸かって顔のリンパマッサージをすると疲れも取れて顔も心も軽くなります。

 

友達とケンカして何日もなかなか寝付けずに睡眠不足になってしまうと、精神的ストレスがつのり、肌トラブルにまで悩まされた時がありました。

「仕事」だったら難しくても、考えれば出来ることだったので悩みを引きずらずに済むため肌荒れも少なかったです。

若いときから赤ニキビは気に掛かっていて、お肌のお手入れを入念にしてきたわけではないのですが、肌荒れはずっと気掛かりでした。

20代半ば頃から、色々とうまく事が回り始めてきたので気持ち的にも穏やかになり、肌トラブルも起きにくくなってきました。

 

いま現在は一人子供がおりますが、子どもが幼稚園に入った頃から心にも時間にもゆとりができ、肌の調子もいい感じです。

ホルモンバランスも関係すると思います。

私は生理が早かったり遅れたりするので、前から困っていました。

産婦人科に足を運んだ時に話してみたら、食生活の乱れや精神的ストレスでもホルモンのバランスは崩れると説明されました。

 

悩み事が多いと、「食べる事」も「眠り」も何もかもが乱れてくるので肌荒れもします。

自分には「ストレス」が天敵だと思っています。

自分の汗臭って感じていますか?

汗での困りごとに、汗の臭いがあります。

みなさんは、自分の汗臭って感じていますか?

自身のニオイというものは、自分で感じる事は出来ませんよね。

 

薄着になる季節になると、となりの席の同僚から、ワキガの臭いがしてきます。

酸っぱいような、鼻にツンとくるような、不快な臭いなんです。

 

この臭いも、その人は気づいていないんじゃないかと思います。

そんなわたしも、私自身の汗臭は感じられません。

ワキガをはなっているかもしれないと思うと、恐ろしくなります。

 

周りの人が指摘するのは難しいと思うから、心配になります。

デオドラント剤とか汗を拭き取るシートも販売されていますよね。

あたしは制汗剤で対処しています。

 

制汗スプレーでニオイを消せればいいのですが、それを突き止める事は出来ません。

汗がどの程度臭っているのか、計測できる装置があると不安はなくなると思いますが…。

 

希望としては、「どんな系統の臭いか」、「臭い消しの対処法」などを、一緒に知りたいです。

体質的な問題もあるかもしれないので一概にはいえませんが、汗臭に気づかうことも礼儀のひとつではないでしょうか。

 

外で作業を行う職種なので、暑い時期は特に「汗臭」には注意しています。

周囲の人に嫌われてしまいそうだし、今ではスメルハラスメントと言い、体臭などが周囲の人々への害になる事としてよく耳にするようになったので、極力他人に不愉快な思いをさせないように気を付けています。

自分の対策としては発汗があった場合は放置せずにタオルで拭ったり、制汗スプレーや汗ふきシートを使ったり、日頃から体を動かすようにして、汗腺をきれいにするといったニオイケアを行っています。

 

そこまでやってもまだ気になるので、お仕事の時は替えの服や抗菌タオルなどを携帯し、汗を拭き取り、汗のニオイをなくすように頑張っています。

自身でも認識できる体臭ですので、他人が気づかないわけがないのですから、エチケットとしてケアは必須ですね。

 

また、上司(男性)の人でどんな時もいい香りを振りまいている人がいて、汗が出てトップスがビショビショになっても臭かった事は一度もありません。

洗濯で使っているであろう柔軟仕上げ剤の清々しい匂いしかさせないのです。

ニオイケアとして非の打ち所がないその人は洋服の替えも常備しており、必要に応じて着替えているようで、ホントに素敵だなと思います。

 

実際問題、皆どっかしら臭くなるんです。

その体臭が周囲の人々の迷惑になる事を心に刻んでおき、それから、やれるだけのニオイケアはしないといけないと考えています。

 

私は自分のカレイ臭を漂わせていないかと、心配するような歳になってきました。

カレイ臭を放っている人って、好きでそうなった訳ではないです。

お爺ちゃんの洗濯物に、匂いが残っていて「ウワっ!」っとなって「クッサッ!」と言ってしまったのです。

 

施設に面倒を見てもらっている、ダンナの父の洗濯をうちでやっていた時のことになります。

わたしが臭いと思ったカレイ臭ですけど、衣類についていた事でポロっと言ってしまいましたが、すぐ近くにダンナがいました。

何年たっても、頭に浮かんだ通りの言葉が出てしまったと思い反省しています。

 

旦那さんは何でも私の事を理解してくれようとしていますが、本当はわたしが言ってしまった言葉に嫌悪感を持ったんじゃないでしょうか。

年齢臭が衣類についたニオイの激しさに、耐えれなかった私です。

やっぱり年齢が上がると、代謝が落ちていきます。

 

しかも靴下がクサイなんて言っちゃったこともあります。

これは長女のダンナが、実家のわたしの家に夜遅く遊んで帰った際に、言ってしまいました。

足のクサイにおいが、義理の息子から漂っていたのです。

 

その際には、主人の足にニオイはあるけど、嫁である娘はそんな夫をいたわっていたのです。

気付いたことを、言葉にしてしまうのでもう少し時間をおいて、言葉に出すようにしたいと思います。

 

私自身の悩みはほんのちょっと緊張しただけで汗が出てきていしまう事です。

たまにしか行かないような洋品店や人前で発表をする時とかに、発汗する事が多いのです。

春夏秋冬発汗するので知り合いとアパレルショップに行った時などに汗をかくと、「調子悪いの?」なんてお友達に気を使わせてしまうのです。

 

また、洋服屋さんに行くと試着をする際にもそれを気にしてあまり試着出来ずに買う事が多々あるので、自分に合った服が買えないのです。

あたしはとても恥ずかしがり屋なので、初めての会った人と話をするときは汗をかくのです。

ですから、初対面の人から心配されたり敬遠されたりするのです。

 

なので、出来る限り知っている人以外にはアプローチしないように心がけています。

他には、たくさん汗をかいてしまうので臭わないか気にしています。

香水などを付けた場合却って汗のニオイと混ざってしまい臭くなってしまうのではないかと気になるので、フレグランスや制汗スプレーなどにおいのある物はできる限り使っていません。

辛いダイエットは続かないので自分に合った方法で

以前から私自身のスタイルにコンプレックスを抱いていました。
減量しようとしても失敗し、リバウンドを何度もしました。
今現在私が体型を保つためにしているのは、蓄積させない生活です。

食べ過ぎた場合バランスをとって、体内に蓄積しないようにする、という訳です。
蓄積されてしまった脂肪を落とす事は大変なのですが、一回くらい食べ過ぎただけなら調整したらすぐに戻ります。
具体的に言うと1日1食です。

わたくしは食いしん坊なので、どうしても夜ごはんをガマンする事は出来ません。
減量のコツは朝食は多めで夜は少なめにすることというのは知ってるし、欠食が代謝を落とす事も知っています。
けれどもムリした場合続きませんし、不満がたまり結果過食状態に…。

自分にとって続けやすくて、ストレスがたまらない方法でいいんです。
好きなことが運動ならスポーツやヨガなどでもいいですし、運動よりご飯抜く方がラクだと思えばそれでいいのです。
つまり、無理をしないで日々の生活の中に取り入れられるかということがダイエット継続のポイントですね。
辛いダイエットはうまくいきません。

乾燥する冬です。
女性にとって乾燥は肌の敵です。
みんなはこの季節はどのように美肌ケアしていますか?

この時期は、乾燥していることによってお肌の表面が見た目には分かりませんがめくれているのです。
その部分に、乾燥した空気があたるのでより一層乾燥して紫外線からもダメージを与えられてしまうのです。
乾燥からしっかりとお肌を守らないと、ダメージは大きくなっていきます。

それなら、どういったケアをしたらいいのでしょう?
お勧めなのが、「保水保湿」の高めるケア方法です。
お風呂で体を温めた後、やわらかいお肌のときに、保湿力があるオリーブオイルをすりこみます。

オリーブ油は薬局等に売っている高純度のものでコストパフォーマンスも高い保湿液です。
数滴を手に取り、手のひらの熱で温め乾燥している部分に塗っていきます。
そうするだけでも十分ですが、乾燥具合がすごくて、ひび割れてしまっているときは手袋や靴下で覆ってあげるとより効果的でしょう。
お肌にも優しくてとても潤ってくれるので、乾燥している季節に試してみることをお勧めします。

欠かさずに日に何度か自分を確認する「鏡」、しっかりと点検することで自身に必要な美容術も分かってきますよね。
「美容」と言うとお肌のお手入れが思い浮かびますが年を取っていくと法令線などに悩む方も多いでしょう。
シワ解消には専用のクリームなどでお手入れするというやり方もありますが、舌回し体操で口の中をなぞるようにグルグルまわして口周辺を鍛えてみるのも良い方法だと思います。

それから顔の筋肉を意識しながらア行を発声するなどもいいですね。
表情筋を使う事で「シワ」も改善できますし、口の周りも整ってくるので顔が引き締しまるという事を実感できると思います。
カラダも柔軟体操などでしなやかになったり、筋肉がバランスよくつくことでメリハリのあるボディになりますよね。

顔部分もまた、ストレッチなどをする事で表情筋が鍛えられ美容にもつながると感じます。
手鏡でもみながらすぐ行えるし、毎日行うことで肌に弾力も出てきます。
メーキャップやスキンケアと同じように毎日続けることで顔にメリハリが出てきますし、そこからもっとキレイになりたいという欲も出てくると思います。

代謝をよくするためにもホットヨガを始めてみた

40代に突入してから、エイジングケアに関して特に注意を払うようにしています。
年を取るにしたがって若々しさがなくなっていくのはしょうがない事ですが、出来る限り若々しくいたいとも思います。
基本的にスポーツ系女子だったので、1~2年まえから代謝をよくするためにもホットヨガを開始しました。

加えて毎日の食事にも気を配っています。
お野菜はできれば非加熱、或いは蒸したもので沢山食べるように心掛けています。
間食が必要な時もありますが、そんな折には木の実や乾燥果実等を摂取しています。
無塩アーモンドがおやつの中心になっているのですが、無添加アーモンドはビタミンEが豊富で酸化を抑える作用、老化抑止力を持っているので美容的にもバッチリなんです。

また肝臓保護作用もあるのでアルコールを楽しむ時にもつまんでいます。
ドライフルーツは、砂糖が入っているものをを口にするより砂糖不使用の甘い物をつまんだ方がよさそうなので摂っています。
ライフスタイルは様々ですので、美容面で役立ちそうな情報を手に入れても、はじめにあたし向きなのかどうかを判断してから実践するようにしています。

前に、何も考えずに実行に移したやり方があわなくって、皮フがガッサガサになるということがあったからです。
運動して食生活に神経を使うことに重点を置いたら、体調もお肌もコンディションが上々です。
美容術として実施している事が健康にも良いとはありがたいですね。

わたくしが美容の為に注意している事。
実はあまりありません。
どっちかといえばそれほど興味がありません。
けれども、効果的だと信じてやっている習慣があるのです。

それというのは「背筋を伸ばすこと」です。
どれだけ念入りにメイクをしても、お洒落な洋服やアクセサリーできれいに見せても、姿勢が悪ければ美しくないです。

私の場合は、なるたけ自宅にいる時以外は背筋を伸ばすようにしています。
この背筋を伸ばすという事は本当は簡単ではないです。
長い事まっすぐの姿勢を続ける為には体力を使います。

私自身のからだに心持ちお肉が付きにくいと思うのも、この習慣からきているのかなと思います。
姿勢をピンと張って日々生活していると、手足の動作も気にするようになります。
日々の美容ケアはその延長線でするようになりました。
背筋をピンとしようと努力していると、わたくしがどんな風に人に見て取れるのかをしって、体全体から手や足へ美容ケアをしようと考えるようになりました。

わたし自身が日ごろから美容関係で注意しているポイントは、食事です。
食事内容はそのままお肌に影響してくると考えていますし、同様にお肌の問題は食生活で解消できるとも考えています。

まずは、適切な食事量を心掛けています。
当たり前すぎるかな?
暴飲暴食でしあわせになれることはなに一つないと思っています。

次に、脂っこいものは控え気味にしています。
多少は勿論脂質を取り入れますが、日々油物を摂り入れる事はしないようにしています。
お肌が脂っぽくなったり、メーキャップが崩れやすくなったり、大人ニキビが出来るのでその予防としてです。

それと、アルコール飲料は控えています。
酒類の摂取をやめる事で、酒代が浮きますし、翌朝に襲ってくる二日酔いもなくなりますからね。

あとは、甘いものを食べすぎないことです。
生クリーム系は時々にして、我慢できないくらいデザート類を口にしたいときはおはぎ等の日本のスイーツを選んでいます。

スキンケアの一環として、「運動」を取り入れる事はかなり有意義な事です。
身体を動かすといっても、身体を鍛え抜くようなものではなく、ここで提案したいのは、「ウォーキング」です。
適度な運動でないと、持続するのが大変だし、却って健康を害する場合もあります。

でも、ウォーキングは有酸素運動なので、身体への負荷率が低めで、運動習慣がない方でも気負わずにやれるのが利点です。
キレイなお肌になるには先ず自律神経を整えることが重要です。
その「自律神経」の乱れを改善するのに効果的なのが、ウォーキングです。

歩行運動を生活に取り入れることで、「自律神経のバランス」が整えられ、精神も安定して、快眠へとつながります。
良質な睡眠を得られれば、様々な肌トラブルが解消されます。

またウォーキングエクササイズをすると、血行が良くなり、顔の血色も良くなります。
「歩く運動」を取り入れる事で、肌に現れる効果はこれだけじゃなくて、その他にもいっぱいあります。
「ウォーキング」は肌に良いだけでなく、女の子にとって魅力的な効き目がたくさんあるので、やってみてほしいです。

参考:生漢煎八味地黄丸のお試し通販!夜間頻尿対策の漢方薬が1900円
URL:https://www.buy-pharmacy-online.com/

ハードな運動はしていないのに手汗をかいてしまう体質が悩み

私自身は汗っかきです。

基礎体温は低いのですが手や足はあたたかい、いうなれば冷性の多汗症なのです。

ハードな運動はしていないのです。

でも気付くと手汗をかいています。

 

夏の季節はわき汗を大量にかいていて、Tシャツの色が変わるくらい。

出来るだけ汗が溜まってしまわないように、わきのむだ毛は剃っています。

デオドラントクリームも使っています。

その甲斐あって汗の臭いはマシになりました。

 

ですが、いくら予防を試みても汗は出るのです。

服がぐっしょり濡れてカラダにひっつくと気持ち悪いです。

 

緊張感のある場面では手汗が出てきます。

手の平の汗が気になってしまい、また緊張状態に陥ります。

握手をするような場面は危機を感じます。

手汗が凄いという理由で物珍しく見られたという事はありませんが、やはり気にしてしまいますよね。

 

多汗症に気付かれたくなくて、他人と接触する事から逃げてしまうのです。

スポーツをしてくても汗をかくのが怖くて、家に引きこもりがち。

汗が出るのは悪い事ではないのですけど汗はかきたくないと思うのです。

 

女の人の中でわき汗を気にしている人で沢山いるのが夏の季節ですよね。

けれども、自分自身が一番わきの汗で困っているのがニットを着用する冬の季節です。

女性的にみられる白いセーターを着ると、ヒーターなどで暖められた室内に行くだけで脇に汗をかいてしまいます。

 

だから、真っ白なセーターはそんなに何度も着ていないのだけどワキの箇所のみ汗のシミができてしまいます。

ひどい時は1回袖を通しただけで黄色くなってしまい、人に気付かれたかもとオドオドしながら過ごしていました。

夏の時期のワキ汗だったら周囲の人も案外「そういう事もあるよね」と共感してくれますが、冬のわき汗が分かってしまうとひかれそうな感じがして怖くなってしまいます。

 

ワキ汗をかいた場合、心配になるのは汗ジミだけじゃなく匂いや蒸れです。

近くに人が来ることに恐怖を感じるだけじゃなく、私は肌が荒れやすい性質でワキに汗をかくせいでワキの所に汗疹ができてしまい一年を通してキャミソールを着る事ができません。

自分は汗っかきが苦悩するのって、夏場ではなく冬場なのです。

 

人はそれなりに体から臭いを出しながら生きているものです。

自身の蒸れた靴を脱ぐときの足の臭いなど、臭いながら皆の前で靴を脱ぐ機会がなくてよかった、なんて思っていました。

今からうん十年前の小学校の頃に経験した「ニオイ」にまつわる出来事が辛い想い出として残っています。

 

それは今までに嗅いだことのないニオイで本当にイヤな匂いでした。

そのにおいは、必ずといっていいほど登校すると感じるものでした。

何のにおいかがはっきりして、困ったことになったなと思いました。

その匂いは、わたしと仲良しの美人の友人が発している、腋臭でした。

 

あたしは彼女にアドバイスをしてあげられませんでした。

美人さんで、男子人気も高かったからなおさらです。

 

でも、あるとき。

友人のTシャツのワキの所が、汗で染みていたのですが、ちょっとすると黄色く変色していました。

幼心にもさすがに放っておけなくなって、みんなが気づきだしたから、彼女に体育着に取り替えるよう助言しました。

あんなキレイな子がその日から、からかわれるようになってしまったこと。

 

私にとってもキツい出来事でした。

勇気を出して助言したのも仲良くしていていたからこそなのです。

その時はかなりギクシャクしたけど、友人は母親に言ってクリニックに連れて行ってもらったら治りました。

 

数ヶ月後に友達にズバッと言ってくれてありがとうと感謝されて、言うのがちょっと遅かったかななと反省しました。

キレイな子だっただけに、男子生徒たちのショックは相当だったみたいで、それから友達はモテなくなってしまいました。

そういうお年頃だったんですね。

 

それから、わたしなりに身体のニオイを気にするようになり、衛生面に気を付けたりしっかりと汗を取り除くようにしています。

ですが最近、加齢による体臭にはかなわないなぁって思っています。

 

電車やバスなどの空間にいると自分が臭いかどうかが心配になります。

車内などがギュウギュウですぐそばの人が臭うと嫌な気持ちになります。

でも、自分の「ニオイ」は自身では認識出来ないですよね。

もしかしたら目の前の人の鼻を襲っているのではなかろうかと結構気に掛かります。

 

体臭ケアとしては汗が流れたら汗ふきシートを使うようにしていますが、真夏などはそれが追いつかないので若干懸念は残ります。

そして、洗濯するときも良い匂いが持続する洗濯用柔軟剤を投入し成る丈汗臭が感じられないように気をつけています。

また、汗をかいたままの洋服はすごくクサくなるので着替えるようにもしています。

こういったことで気をつけていなかった時よりも体臭は軽減されたと思います。

 

昔は横にいた人に睨まれているような気がしたりしたけどこの頃はありません。

とにかく体臭は自分自身では気が付かないことが多いので気をつけるようにしたいですね。

もしも、臭いがするかもしれないと思ったら臭いケアを始めましょう。

 

本人では自分の臭いが把握できないのでキツいですが、周囲の人に聞く勇気も大切だと思います。

私の場合は人には聞いていませんが、まず母に聞こうと思っています。

「体臭」に関してはこれから先も気をつけていきたいと思います。

好意を持っていない人でも傍に来ただけでプレッシャーを感じて汗をかく

わたしの場合は全体的から汗が出てしてしまう為たくさんの困り事があるのです。

自分はちょっとしたことで緊張するのです。

そしてプレッシャーを感じるとたくさん汗が出ます。

 

男の方と会話をする時などは好意を持っていない人でも傍に来ただけでプレッシャーを感じてしまい汗をかいてしまいます。

一番凄いのは掌の汗です。

手と手が当たっただけなのに「ものすごい手汗かいてるね」なんて言われてしまうレベルです。

その事を相手の人に感づかれるのも困るのですけど、いちばんは好意のある男の人ではないのに「緊張で固くなっているのかな」と誤解されているようですごく嫌です。

 

それともう一個は汗染みが衣類につくことです。

寒い時期は厚手のインナーを着てなんとかしのいでいますが夏場は暑いにも関わらずカバーできません。

ですから着る服も汗が目立ちにくい色を選ばないとダメなのです。

 

この服可愛いなと思っても色次第で断念する事もあるのです。

色の影響を受けずに洋服を買えたら良いななんて思ってしまいます。

 

夏のファッションと合わせるのも可愛いから、夏でもブーツをはくという方がいますよね。

消臭機能のあるインソールにしていても、デオドラントクリームでケアしても、足のニオイって強烈です。

足の裏って、体の他の部分と違って地について逃げられない為、かなり汗をかきます。

冬場でもブーツの中に靴下を履いていると、靴を脱いだ瞬間に湿っている感じがするのです。

 

厚めのタイツで直接履いている人もいるのですが、考えられないです。

どうしてかというと、足汗のニオイが、ブーツに直接付いちゃいますよね。

しかも素足とか・・・わたくしはブーツを履くことがありますが、靴下は絶対に履きます。

 

タイツやパンストを履いていても、その上に靴下を履いています。

そして、カバンの中に、脱臭剤と一緒に密閉できる小袋に入れた靴下を2~3足は必ず入れています。

 

また、お化粧直しのついでに、フットカバーを履き替えるのです。

居酒屋のお座敷などで、クツを脱がないといけないときには、注文をする前にトイレで替えています。

組み合わせは配慮しないといけませんが、変に香水とかで誤魔化したりするよりも、全然効果的です!

私は加齢臭を発していないかと、考える年代に近づきました。

加齢臭を漂わせている人も、好き好んでその様にしているわけではないですよね。

義父の洗濯物に、ニオイを感じて「ウッ!」となって「クッサー!」と言ってしまった事があります。

 

ケアセンターで介護して貰っている、夫のお父様の洗濯物をわたしがしているときの事です。

私の気になるカレイ臭ですけど、衣類についていた事で言葉に出てしまいましたが、すぐそばに夫がいました。

いまだに、とても感じた通りの発言をしてしまったと反省しているのです。

 

ダンナは妻である私の事を分かってくれようとするのですが、心中では私が言った言葉でイヤな気持ちになったかも分かりません。

年齢臭のついた洋服の匂いの凄さに、耐えることができなかったのです。

当然歳を重ねると、新陳代謝が悪くなってきます。

 

またソックスが匂ってるなんて言っちゃったこともあります。

これは義理の息子が、親である私の家に遊びに来た時に、発してしまいました。

足の脂汗である体臭が、娘むこの周り全体から臭ってきたのです。

その時、ダンナの足のニオイは臭いけど、妻である長女は旦那様をかばってあげていました。

感じた臭いニオイに対して、すぐに口走る私はすこし落ち着いてから、口にしないとだめですね。

 

自分自身の脚の臭いが臭い事に困っている。

自宅に戻り、クツを脱ぎ家に入って通路を歩いているだけですごい臭いがする。

さらに靴下を脱ぐとまた強烈なにおいが襲ってくる。

鼻を衝く臭いニオイにフラッとくることもある。

 

何故脚のニオイが猛烈なのかわたしなりに考えてみた。

まずは、クツ。

靴のお手入れを何もしないでひと月近くひたすら履き続けていると臭ってくるのは当然だ。

しかも夏場だったら尚更だ。

靴を履き続ける時間なんて、少ないのだったら洗濯も適当になる。

 

次に靴下、靴下にも靴についていたニオイが移る事がある。

ましてや何度も何度も同じ靴下を使用していると、洗濯機で洗っても臭いまではとれない事がある。

このことが主な原因ではないかと考えられる。

ニオイ全部を消す事は難しいと思うが、最大限の対策をするとして次のようにしたらどうだろうか。

まずはクツの場合は水洗いも大事だけど、完全に乾燥させて天日干しをすることでニオイを抑制できる。

 

次に、クツシタについては洗濯したら充分に乾かすことが重要だ。

この2点をやるだけでも、大変変わってくると思うので試しても損はないと思う。

肌トラブルの元になり美肌作りの敵となる便秘

近ごろでは大半の女子が、便秘で悩まされていますよね?あたしもそれが悩みです。

3、4日間便通がないなんてこともしょっちゅうです。

しかし、便秘症は肌トラブルの元になり美肌作りの敵と言えましょう。

 

というわけでわたしが実践しているのが、朝「生酵素入りスムージーを摂取する」ことです。

このスムージーには、人気のホワイトチアシードが配合されておりおなかに溜るので、減量効果もあるんです。

私はそれを朝食代わりに飲用しています。

 

これまでにも私は様々な便秘改善策を実行してきました。

乳酸菌配合のヨーグルト・ラフィノース・便秘改善運動・繊維質食品を多めに食べる・エクササイズを行うetc・・と数えたらキリがありません。

けれどどれ一つとして上手くいきませんでした。

丸一週間出ないときもあり、便秘薬は使いたくなかったのですがドラックストアで整腸剤を買い求めることも少なくありませんでした。

 

でも、半信半疑で始めたこの朝ご飯置き換えスムージー。

便秘解消に役立ちました!感涙の極みです!ただおいしいスムージを飲んだだけで、便通が良くなるなんて素晴らしい!やっと報われたって感じですよ。

便秘が解消されてから1ヶ月もしないうちに、スキンコンディションが良くなってきて、ニキビに悩まされがちだった素肌があっという間に美肌になっていきました。

 

腸内の環境がこんなにも肌状態に影響するとは初めて知りました。

起きたら酵素入りのスムージーを摂り込んで快便、美肌獲得!!手軽でオススメですよ。

 

ワタシは全身美容を考えて、基礎となるカラダをシェイプアップしています。

そのやり方は、朝に「ラジオ体操」と「ウォーキングエクササイズ」を行う事です。

「それでなんとかなるの?」と疑問に思う方もいるかもしれませんが、この国民的体操を指先までしっかり意識すると、ちゃんと「運動!」って感じになります。

 

この国民的体操をウォーミング・アップで使い、汗ばんできたらそのまま、エクササイズウォーキングを始めます。

それもただ、ダラダラ歩くのではなく、しっかり意識をして歩きます。

 

気をつけているのは、「姿勢を正しく保つこと」、「大股&早歩きで行うこと」、「平常時の呼吸を保つようにすること」、呼吸のリズムが狂い始めたら、「歩き続けながら深呼吸をする事」などを意識して行っています。

そうする事によって、体脂肪も減り、血液循環も良好になり、素肌にとってはいいことだらけなので、あたしはキレイになる為に土台となる身体のダイエットは大事だと思うのです。

 

美容で食生活に注意しています。

果物類や野菜類をたくさん食べるようにしています。

野菜や果物は毎食頂いています。

どっちもできる限り旬菜にしているのです。

 

よく頂くお野菜は、白菜やタマネギ、とまと、ピーマンやレタスなどがあります。

あと良く頂く果物は、みかんやりんご、キウイ、チェリーなど複数あります。

 

あと間食はなるべく頂かないようにしています。

どうしてもという時は、少しだけにして食べています。

スナックの代わりにナッツ類や乾燥フルーツをいただくこともあります。

 

それと習慣的にカラダを動かすようにしています。

いつもやっているのは、ホットヨガやウォーキングです。

ウォーキングにおいては、二日に一回のペースで、30分程度です。

 

できるだけ早く歩くようにすれば、ダイエット効果も期待できます。

ヨガに関しては、雨でウォーキング出来ない時に部屋で30分程度やります。

以上、わたくしが美容に関して普段から気をつけていることややっている事でした。

 

三十路を越え、皮ふの老化も始まり、常に気をつかうことが増しました。

一日も欠かさず肌のエイジングケアや、外出する際は日やけ防止、エクササイズも規則的にやり続けていますが、最も注意している点は、普段から、二十二時台にはフトンにもぐり込み、深夜まで起きていないようにすること。

 

昔は遅くまで寝ない生活だったのですが、今思えば、体の調子が悪いときが少なくありませんでした。

直ぐにバテたり、インフルエンザなどの感染症にも罹りやすく、肌も大人ニキビ等が出来てもすぐに治らず調子悪かったです。

 

そこで、ニキビ専門外来で吹き出物を診察してもらったら、薬で予防する前に、生活習慣を変えてみてはという提案をされました。

それ以降、少しずつ就寝時間を早くして、次の日も早起きするように心がけてみたら、肌問題も解決し、病気にもかかりにくくなりました。

 

この頃では、生活リズムを良い状態で維持することが、あたしにとっての美容法になっていると思っています。

10年程前までにきびにかなり悩まされていたので、肌に関しては大体気をつけているつもりです。

そうかと言って、特に何かをしているわけではないし、高価なスキンケア用品を使っていることもありません。

 

あたしが、美肌のためにこれまで長いこといろいろなことを試してきて感じたことは、高い基礎化粧品を使わなくても、きちんと自分に合う化粧品を見つけて使っていく事は重要だと感じています。

 

大したことではないかもしれませんが、夏に限らず年中、日焼け止めクリームを塗ったり、洗顔はきちんと泡立てて使ったり、ときどきパックを使ってみたり。

あとは、チョコレートとかはあまり食べないように気を付けたり、バナナやオレンジなど美肌効果があるので果物も食べたりと自分で簡単にできる事を堅実にやっているつもりです。

 

「たったそれだけ?」と言う人もいらっしゃると思いますが、こう言うちょっとした積み重ねが大切だと思います。

吹出物の肌から美肌になり7年。

こうして続けていることで今も美肌を保てています。

今後もずっと、頑張りすぎずに続けていって綺麗なお肌を保っていこうと思います。

関節痛の悩んでいるならお試しキャンペーンを賢く利用>>トンデケア お試し