自分の時間をキープするついでに出来たオプション

下の子が生まれてから自分に費やす時間を作れなくなってきたので、暑くて割と早く起きることが出来る去年の夏から4時に起きるようにしました。
元から「美容の為」と意気込んではじめた訳では無くて、自分の時間をキープするついでに出来たオプションだったりしますが、子供たちを寝かしつけた後にいそいそと家事をしていた頃と比較して目元のクスミもうっすらとしてきて、肌のツヤもいい感じになってきました。

もう一つ嬉しいオマケとして、生理の前の腰痛が軽くなりました。
幼稚園の送り迎えに徒歩で行っている為、本当にありがたいです。
他にもできる限り綺麗を維持する為に、あえておでこを出すことにしました。

元々は本に「おでこを出すと幸運を呼び込む」って書かれていたのでとりあえず試してみたのがきっかけなのですが、これを習慣にしてみたら「顔がぼやけがちだから眉毛をしっかり描かなくちゃ」とか「おでこも綺麗な方がいいから下地からしっかりやらなくちゃ」なんて勝手にお化粧の事に集中するのです。
私みたいなめんどくさがり屋さんにはこれくらいがいいのかもしれません。

今より綺麗になるために、それから現在より健康体になるために関節が緩やかに動くことに気をつけています。
残念ながら関節は年と共に硬くなっていきます。
放置していると年齢を重ねるとともに関節の可動域が狭くなるのを感じます。

関節って柔らかくなるには時間を要し瞬く間に動きが悪くなってしまいます。
うっかりしていると動くようになった関節もあっというまに硬くなってしまうのでつねに関節を気にかけていることが大事です。
やっかいだな…って思ってばかりですよ。

しかし老いてから股関節や肩関節が固まって歩くのが困難になるくらいなら、若いうちからがんばって関節をしなやかにしたいと思うのです。
言うのは簡単ですが現実にこれを行うことは簡単ではないです。

でも、入浴後だけでも忘れずにストレッチすれば関節が強ばる確率が低くなります。
開脚運動だけでもいいし、前屈するだけでも良いでしょう・・・。
肩関節の体操のみでもいいしどこでもかまいませんが、とりあえず毎日ストレッチを続けることをあたしは忘れないようにしています。

私自身が美容の事で気をつけていることは、先ずは睡眠です。
寝不足というのは美容面だけでなく、健康を損ねる要因のひとつです。

最初は体調不良がきっかけでやり始めたことが、美容にも良いんだという事が分かったのです。
横になる二~三時間前には夕飯は終わらせています。
お風呂に浸かって爪もみとふくらはぎのマッサージをします。

この時、半身浴をして湯船にゆっくりとつかります。
わたしに場合は入浴する前に軽くストレッチしますが、お風呂のあとの方がからだが温まって、柔らかいので、良いと思います。
お風呂上りは水分を補給し、甘いおやつなどは避けています。

夜10時~2時に睡眠をとると成長ホルモンが分泌されて、美容に良い効果があると言われていますが、成長ホルモンは眠りについてからの三時間に分泌されると言われています。
この場合、眠りにつく時間帯を気にしなくてもすみます。

ただ、朝日にあたらないような生活をしている方は、朝の陽ざしを5分だけでも浴びることが必要になります。
人の体内時計は一日以上あると言われていますが、朝日を浴びた時に修正されるのです。
良質の睡眠をとる事で、健康・美容といった事にも効果が得られると思います。

春から夏にかけて、女の人にとってもっとも心配な事は紫外線ではないでしょうか。
いつものケアを念入りに行ったとしても、UVケアの手を抜くと肌は一気に老け込んでしまうのです。
自分は日焼止めはいつもつけていますが、紫外線の量が増える5月頃から、日傘やサングラスで日焼を防いでいます。
サングラスは一番重要です。

実をいうと紫外線って目から侵入していることを知っていますでしょうか?
紫外線を目から吸収する事で、脳からメラニン生成をするように働きかけるので黒くさせてしまいます。
その他目の病気の予防のために自分の家では、子どもにもお出掛けの際には極力サングラスをさせています。

サングラスの購入時の基準ですが、紫外線を防ぐ割合の高い物で、かけた時に隙間ができないようにぴったりくるものを選んでくださいね。
せっかく効果のあるサングラスでも、顔にぴったりとしてなくて上下左右から紫外線が当たってしまうのはかける意味がなくなります。

また忘れやすい箇所は首の後ろ側です。
スカーフを使うとおしゃれ度アップですし、手軽にできます。
髪の毛を縛っている方にはお勧めの方法です。

工場で働いていた時の耐えられない汗臭さ

工場で働いていた時の話ですが、クーラーもなく扇風機がいくつかあるぐらいでした。
夏の暑さが半端なくて倒れそうでした。
どちらかというと外のほうがまだ涼しいのではないかというぐらいです。

水は飲み放題だったのですが、制服の汗くささはヤバかったです。
違う部署はクーラーがあったりするのに時給が同じという不平等さ。
自転車通勤で汗をかき、仕事場で汗をかきという感じでした。

周りの人も汗臭いので、本当に大変な仕事でした。
体全体的に臭い感じで脇も足も臭かったと思います。
いつも、靴に臭い消しが必要なぐらいでした。

しかし、汗をかくことによって痩せました。
まるでサウナのようでした。
よく、休憩中に抜け出し、男性用の汗拭きシートで体を拭いてました。
それだけでも全然違います。

そこにいたのは1年だけでしたが、違う部署に異動した時、寒いぐらいに涼しくてあまりの違いにビックリするほどです。
最初に入ったタイミングと運だなあと思いました。
女性はこういう職場で働くことになったら身だしなみに気を付けておきたいですね。

ワキガ対策クリーム⇒クリアネオ

あんまり自分自身では気に掛ける事もなかったのが、この足の臭いです。
私は仕事の都合上、日々ストッキングを着けています。
どんなスタイルの時でも、パンストでなければなりません。
だけど、この「ストッキング」のせいでここまで足が臭くなっているなんて、今まで長いこと履いてきましたが、一つも認識していませんでした。

この間、仕事場の同期会あったんです。
予約でお座敷をとっていたんですよね。
当日は天気が悪かったので、靴の中まで雨が入り込んでいました。

店の人が、気を利かせてタオルを配ってくれましたが、湿った感じは残ります。
そういった状態のまま座布団に座り、ちょっとしてからトイレに立った時のことです。
ふと初めて嗅ぐようなニオイを感知しました。

「くさや」っぽい匂いだけど・・・と顔をしかめましたが、そんな香りがするような料理はなく、首を傾げながらもパンプスをはこうと、しゃがんだと同時に、真犯人が分かったのです。
そうです、この悪臭はくさやでもなんでもなく、我が両足だったんです。

ワタシは14歳くらいから脇の臭いに悩んでいました。
クラスメイトからは匂いがキツいとよくからかわれていました。
高校生になってからは脇用のパウダースプレーでケアしてなんとかバレないようにしていました。
「腋臭」があるのはとても辛かったです。

OLになってからもあらゆるデオドラントを使いなんとか臭わないようにしていました。
毎朝家を出る前にスティック型デオドラント剤をつけて、それをニオイ対策としていました。
ですが、会社を退社してフリーターになった時、バイト仲間に「腋臭だよね?」といわれてショックで悩みました。

時間は自由がきいたので、クリニックにいき腋臭手術をしてもらう事にしました。
治療費は11、12万円くらいでした。
始めに検査をして「耳の中とか湿ったりしない?」とお医者さんに質問され、「ウェットタイプです」と返事をしました。

診察後にわきが手術が決定し、1週間程度入院してわきが手術を行いました。
手術自体は1~2時間程度で、あとは経過の後、糸を抜くのを待つばかりです。
糸を取れると腫れも引いていき退院出来ることになりました。

脇臭はゼロになって気にならなくなりました。
本当に手術をやって不安も解消されて堂々と生きていけるようになりました。

高学年になったあたりから、息子の頭のニオイが気になり始めたのです。
お風呂に入った後でも匂っていたので、最初は丁寧に洗っていないからだと何度も何度も「ちゃんと洗って!」と叱っていましたが、ある日辛抱できず代わりに私が洗い、頭のニオイをかいでみると、「なんだか臭う」。
それくらいの年になると、全身からなにか特別なものが出るのかな?と本気で悩んでしまいます。

クサイ臭いを漂わせていたら、いじめにもつながりかねないので何とかしてあげたいのですが、そもそも本人が気に掛けていません。
何を使っても適当にしていれば効き目もわからないし、お風呂だって一緒になんて入らないし、まさか毎日わたしが洗うわけにもいかないし本当にこまっています。

もう少し成長すれば臭わなくなるのか、息子自身が考えてくれるのか。
いずれにしてもどうすることもできず、一人で頭を抱えています。
瞬殺で臭いを消してくれるような何かがあればいいなと思いますけど、そんな物なんてないですよね。

ずっと飲んでいたミルク入りコーヒーをやめてみたら…

自分は、美肌のために水を飲むことを日課にしています。
噂では水を飲むことが美肌にいいと聞くのですが、あたしも実際にそう思います。
わたくしは、家で仕事をしていますが、自分でいつもミルク入りコーヒー(無糖)を煎れて飲んでいたのです。

一応、低脂肪乳を使っていましたが、そう言いつつもそれだけの量を飲んでいましたので、やはり体重が増えてしまいました。
職業柄、ほぼ1日座ってばかりいるので、どうにか少しでも改善策はないかと悩んで、お水を飲むことに行き着きました。
ずっと飲んでいたミルク入りコーヒーをお水にしたところ、体の動きがよくなって、脚の浮腫みとかもスッキリしてきました。

更に、利尿効果があるのかどうかわからないのですが、お手洗いに行く回数も増え、体重的にも少しずつ減ってきたように思えます。
お肌への効果は今のところ確認できないのですが、お水を飲む事によって、お肌の水分量も変わってくると思いますので、これからがとても楽しみなんです。

だから、お水を飲み始めて、現時点でわかっていることは、むくみがとれたことやダイエット効果(もしかしたら、尿の出がよくなったのは新陳代謝が上がってきているからかもしれないです)等です。
一日2Lほど飲むと良いと聞くのですが、今の時点では1リットルくらいがやっとですので、段々量を増やしていって、より美容効果を実感できるように、がんばろうと思っています。

私自身が美容関係で心がけている事というのは、「クルマを運転する時には確実に手袋をする」事です。
簡単にできて絶対に忘れません。
自分でもよく見えるし他の人からも見られる手を、真剣に紫外線から守ります。

車での移動がたとえ3分程度だったとしても、少しの間だから手袋はいらないという考えはありません。
遠くへ行く時もすぐそこまでの移動でも、同じように車に乗ったらアームカバーをします。

わたしがいつも使っているのは黒いもので一番長いロングタイプです。
今の時期わたしはノースリーブやキャミソールを着ていることが多いので、この手袋は無くてはならないものです。
これがあれば安心なのです。

脇近くまですっぽり覆える長さなので、このスーパーロングの手袋は必需品です。
しかもUVカットの素材を使用しているので、ほとんど紫外線を通過させません。
車に乗るときの美容対策で非常に頼れるアイテムです。

私が美容のためにしている事は「笑うこと」です。
昔は1日を笑って過ごしていたと思うのですが、大人になるにつれて笑うことが減ってきたように思います。

特に笑えるような事がなくても家族と一緒にいるだけで大笑いできた事を思い出します。
如何して笑うことが美容にいいかという理由は顔の筋肉が鍛えられるからです。
大きな口を開かなかったり普段から笑わない生活だったりするとどんなふうになるのかというと、顔の筋肉が衰退するので頬などがたるんでしまうのです。
頬がたるむと見た目の印象は歳をとって見られてしまいます。

日々、自発的に意識して笑うと、しわの防止もできて口角も上がるようになります。
芸人が出演しているバラエティーや、面白そうな映画やドラマがやっていたら録画しておくようにしておきます。
それに、終日笑えなかった時は「笑ったつもりの顔」をするだけでも効くようなので試してみてはいかがでしょう。

辛いダイエットは続かないので自分に合った方法で

以前から私自身のスタイルにコンプレックスを抱いていました。
減量しようとしても失敗し、リバウンドを何度もしました。
今現在私が体型を保つためにしているのは、蓄積させない生活です。

食べ過ぎた場合バランスをとって、体内に蓄積しないようにする、という訳です。
蓄積されてしまった脂肪を落とす事は大変なのですが、一回くらい食べ過ぎただけなら調整したらすぐに戻ります。
具体的に言うと1日1食です。

わたくしは食いしん坊なので、どうしても夜ごはんをガマンする事は出来ません。
減量のコツは朝食は多めで夜は少なめにすることというのは知ってるし、欠食が代謝を落とす事も知っています。
けれどもムリした場合続きませんし、不満がたまり結果過食状態に…。

自分にとって続けやすくて、ストレスがたまらない方法でいいんです。
好きなことが運動ならスポーツやヨガなどでもいいですし、運動よりご飯抜く方がラクだと思えばそれでいいのです。
つまり、無理をしないで日々の生活の中に取り入れられるかということがダイエット継続のポイントですね。
辛いダイエットはうまくいきません。

乾燥する冬です。
女性にとって乾燥は肌の敵です。
みんなはこの季節はどのように美肌ケアしていますか?

この時期は、乾燥していることによってお肌の表面が見た目には分かりませんがめくれているのです。
その部分に、乾燥した空気があたるのでより一層乾燥して紫外線からもダメージを与えられてしまうのです。
乾燥からしっかりとお肌を守らないと、ダメージは大きくなっていきます。

それなら、どういったケアをしたらいいのでしょう?
お勧めなのが、「保水保湿」の高めるケア方法です。
お風呂で体を温めた後、やわらかいお肌のときに、保湿力があるオリーブオイルをすりこみます。

オリーブ油は薬局等に売っている高純度のものでコストパフォーマンスも高い保湿液です。
数滴を手に取り、手のひらの熱で温め乾燥している部分に塗っていきます。
そうするだけでも十分ですが、乾燥具合がすごくて、ひび割れてしまっているときは手袋や靴下で覆ってあげるとより効果的でしょう。
お肌にも優しくてとても潤ってくれるので、乾燥している季節に試してみることをお勧めします。

欠かさずに日に何度か自分を確認する「鏡」、しっかりと点検することで自身に必要な美容術も分かってきますよね。
「美容」と言うとお肌のお手入れが思い浮かびますが年を取っていくと法令線などに悩む方も多いでしょう。
シワ解消には専用のクリームなどでお手入れするというやり方もありますが、舌回し体操で口の中をなぞるようにグルグルまわして口周辺を鍛えてみるのも良い方法だと思います。

それから顔の筋肉を意識しながらア行を発声するなどもいいですね。
表情筋を使う事で「シワ」も改善できますし、口の周りも整ってくるので顔が引き締しまるという事を実感できると思います。
カラダも柔軟体操などでしなやかになったり、筋肉がバランスよくつくことでメリハリのあるボディになりますよね。

顔部分もまた、ストレッチなどをする事で表情筋が鍛えられ美容にもつながると感じます。
手鏡でもみながらすぐ行えるし、毎日行うことで肌に弾力も出てきます。
メーキャップやスキンケアと同じように毎日続けることで顔にメリハリが出てきますし、そこからもっとキレイになりたいという欲も出てくると思います。

代謝をよくするためにもホットヨガを始めてみた

40代に突入してから、エイジングケアに関して特に注意を払うようにしています。
年を取るにしたがって若々しさがなくなっていくのはしょうがない事ですが、出来る限り若々しくいたいとも思います。
基本的にスポーツ系女子だったので、1~2年まえから代謝をよくするためにもホットヨガを開始しました。

加えて毎日の食事にも気を配っています。
お野菜はできれば非加熱、或いは蒸したもので沢山食べるように心掛けています。
間食が必要な時もありますが、そんな折には木の実や乾燥果実等を摂取しています。
無塩アーモンドがおやつの中心になっているのですが、無添加アーモンドはビタミンEが豊富で酸化を抑える作用、老化抑止力を持っているので美容的にもバッチリなんです。

また肝臓保護作用もあるのでアルコールを楽しむ時にもつまんでいます。
ドライフルーツは、砂糖が入っているものをを口にするより砂糖不使用の甘い物をつまんだ方がよさそうなので摂っています。
ライフスタイルは様々ですので、美容面で役立ちそうな情報を手に入れても、はじめにあたし向きなのかどうかを判断してから実践するようにしています。

前に、何も考えずに実行に移したやり方があわなくって、皮フがガッサガサになるということがあったからです。
運動して食生活に神経を使うことに重点を置いたら、体調もお肌もコンディションが上々です。
美容術として実施している事が健康にも良いとはありがたいですね。

わたくしが美容の為に注意している事。
実はあまりありません。
どっちかといえばそれほど興味がありません。
けれども、効果的だと信じてやっている習慣があるのです。

それというのは「背筋を伸ばすこと」です。
どれだけ念入りにメイクをしても、お洒落な洋服やアクセサリーできれいに見せても、姿勢が悪ければ美しくないです。

私の場合は、なるたけ自宅にいる時以外は背筋を伸ばすようにしています。
この背筋を伸ばすという事は本当は簡単ではないです。
長い事まっすぐの姿勢を続ける為には体力を使います。

私自身のからだに心持ちお肉が付きにくいと思うのも、この習慣からきているのかなと思います。
姿勢をピンと張って日々生活していると、手足の動作も気にするようになります。
日々の美容ケアはその延長線でするようになりました。
背筋をピンとしようと努力していると、わたくしがどんな風に人に見て取れるのかをしって、体全体から手や足へ美容ケアをしようと考えるようになりました。

わたし自身が日ごろから美容関係で注意しているポイントは、食事です。
食事内容はそのままお肌に影響してくると考えていますし、同様にお肌の問題は食生活で解消できるとも考えています。

まずは、適切な食事量を心掛けています。
当たり前すぎるかな?
暴飲暴食でしあわせになれることはなに一つないと思っています。

次に、脂っこいものは控え気味にしています。
多少は勿論脂質を取り入れますが、日々油物を摂り入れる事はしないようにしています。
お肌が脂っぽくなったり、メーキャップが崩れやすくなったり、大人ニキビが出来るのでその予防としてです。

それと、アルコール飲料は控えています。
酒類の摂取をやめる事で、酒代が浮きますし、翌朝に襲ってくる二日酔いもなくなりますからね。

あとは、甘いものを食べすぎないことです。
生クリーム系は時々にして、我慢できないくらいデザート類を口にしたいときはおはぎ等の日本のスイーツを選んでいます。

スキンケアの一環として、「運動」を取り入れる事はかなり有意義な事です。
身体を動かすといっても、身体を鍛え抜くようなものではなく、ここで提案したいのは、「ウォーキング」です。
適度な運動でないと、持続するのが大変だし、却って健康を害する場合もあります。

でも、ウォーキングは有酸素運動なので、身体への負荷率が低めで、運動習慣がない方でも気負わずにやれるのが利点です。
キレイなお肌になるには先ず自律神経を整えることが重要です。
その「自律神経」の乱れを改善するのに効果的なのが、ウォーキングです。

歩行運動を生活に取り入れることで、「自律神経のバランス」が整えられ、精神も安定して、快眠へとつながります。
良質な睡眠を得られれば、様々な肌トラブルが解消されます。

またウォーキングエクササイズをすると、血行が良くなり、顔の血色も良くなります。
「歩く運動」を取り入れる事で、肌に現れる効果はこれだけじゃなくて、その他にもいっぱいあります。
「ウォーキング」は肌に良いだけでなく、女の子にとって魅力的な効き目がたくさんあるので、やってみてほしいです。

参考:生漢煎八味地黄丸のお試し通販!夜間頻尿対策の漢方薬が1900円
URL:https://www.buy-pharmacy-online.com/

これから先どうやってニオイを抑止すればいいのか

自分は中学時代から体を鍛えていて、今現在でも一日おきでフィットネスジムへ行っています。
結構ハードな運動をやっているので、練習用に着ているシャツが汗のお陰でびちゃびちゃになってしまうのです。

これだけであれば別に良いのですが、どうやらジムの方がいうには私の汗が臭っているようなのです。
その時までは何も言っていなかったのですけど、最近になってそういった事を言われるのです。
たぶん、その時までは私に気を配ってくれていたのでしょうね。

そこまで臭いがするなんて全く知らず、スポーツクラブで過ごしていたのです。
全く気付いていなくても、まわりの気分を害した事は気が咎めます。
だったら、これから先どうやってニオイを抑止すればいいのでしょう。
体質の事もある為食事の内容も関係はしていますが、そこまでの因果関係は薄いはずです。

足臭に関してもそうです。
個人個人で凄く差があります。

どのようにしたら汗臭を抑えられるのか、色々と考えてやってみたいと思います。
今後もスポーツクラブに面倒がかかったら申し訳ないですからね。

私自身が汗で困っている事は、「寝汗」です。
夜寝るときに、大量の汗をかくのです。
ベッドに入る前にお風呂に入って、体を綺麗にしているのですが、朝起きると家族みんなに「汗の臭いしているよ」といわれてしまうのです。

自分で自分のニオイが分かってしまうほどです。
ですので、布団から出てスグに風呂場へ行って、体を洗ってから出かけるようにしています。

過去の記憶をたどってみても、高校の時までは汗クサいなんてことはありませんでした。
ハタチになったくらいから、体質の変化があったのか、朝目が覚めると匂うようになりました。
遺伝なのかな?とも思いましたが、両親も兄弟もそんな事は無くて、私一人だけが臭うみたいなのです。

これが原因で、彼とのお泊り旅行も心配で仕方がないのです。
カレシが起きる前に起き、体をキレイに洗いニオイをなくしているのです。
朝起きるのが苦手なので、早起きするのは大変です。

今の所彼よりも早く起きれてますが、起きられなかった時の事は考えたくないです。
寝起きにシャワーを浴びるのも稀に面倒に感じるときもあるので、寝汗をかかないようにしたいです。

私は過去より汗っかきな性質がキライだったのです。
通学の時の電車が混雑していると汗が吹き出します。
横にいる人が私を臭いと不快に感じていないか、心配していたのです。

高校生の頃暑い夏にみんなで遊んでいたときに、友だちが私の脇の所を見ていたのです。
気がついたら、シャツの脇の部分が汗でシミになっていて、恥ずかしい思いをした事があります。

お仕事をしていた時には、駅から歩いて15分の所に住んでいたのですけど、暑い季節は家できちんとメイクをしても、駅に着く頃にはメイクは汗で崩れてしまいます。
夏場以外でも、緊張すると汗まみれってしまうのです。
家庭教師のアルバイトをしていたとき、初めての授業のときは緊張状態になっていて汗が出てきたのです。

代謝が良いと思えば良いのでしょう。
でも女なので、恥ずかしく思ってしまいます。
いろいろな経験をしてきたので、出来る範囲での汗の対策はしています。

脇汗には専用のパッドで対策しています。
グレーの色の服は汗染みが最も目立つため汗取りパッドは欠かせないアイテムです。
夏はしょっちゅうメイクを整えたり、ハンカチを忘れないようにしています。

汗臭というのはみんな敏感に感じとるんだなと思ったのです。
自分の場合鼻が利かない方なので自分がどんなニオイを出しているのかは知りませんが皆に脂の臭いがしているといわれて驚いたのです。
それなりの歳になったので個人的には臭い対策をした方がいいんだろうななんて考えています。

デオドラント剤もどれにしたらいいのか全然見当がつかないので現在のところは体を洗う回数を増やしたのです。
一日に一回しか入っていませんでしたが2回にしてみたのです。
自身のニオイが分かる人というのは凄く敏感なんだなと思いました。

過剰に反応するのは多情多感な状態でもあるとTV番組で聞きわたくしは問題ないなと思ったのです。
「一般的な観点から、相手に対してクサイなんていうかな?」と思っていましたが、私も臭ければ「くさい」って言うんだろうなと考え直しました。

自分も言っているのに他人に対して駄目とは言えません。
人の考え方の問題なのでオーバーに考えすぎている私も精神的に過敏になっているのかなと思ったのです。
考え込むのはよくありませんよね。

緊張して出てくる汗はなぜか臭いが目立つ

もともとよく汗をかく体質なのですが、スポーツクラブに行って発汗を促しているので、汗がでてもサラサラの汗で臭うこともありません。
でも、緊張するとたいして汗が出ているわけでもないのに、汗の臭いが目立ってきます。
なかでもニオイがするのは、脇汗です。

会社で多くの人を相手に話す時とか、仕事の中に人間関係で困ったときなどに、ワキ汗を掻き、臭いが目立ってきます。
腋臭症のように感じたので、パソコンなどで調べてみましたが、どんな人でも不安があったりすると臭いのする汗をかくようです。
腋臭は、脇汗がベトベト汗だったり、洋服が黄色くなったりするので、わたしのコレは腋臭症ではないのでしょう。

それから脇臭は、日々の生活を改めることで軽減されるそうです。
具体例としてはカラダを動かして汗をかいたり、脂っこい食事内容を見直したり、あとは精神的ストレスを溜め込まない事です。
こういった事を基本にして特効薬として、職場には小型の制汗剤を置いてあります。

わたくしはすごく汗かきです。
寒くても、ちょっとした行動でも汗が出るのです。

ですので、汗臭くならないように、デオドラントスプレーをいろいろと使います。
夏の電車などは、周りの人が僕を臭い人と思っていないかとすごく心配しています。

また、近くに若い子がいたら、もっと心配になり、場所を移動したくなります。
アセ臭くなってしまうのは、食生活にあるのではないかと思い付き、改善を始めました。
最初に、肉を多く食べるととてもクサイ臭いになるということが分かったので、お肉を少なくしてみたのです。

あと、お野菜を多く摂るように変えてみたのです。
最近やっている、汗をにおわなくさせる方法は、なるたけ発汗しないように薄着にしているのです。

また、水分の摂りすぎに注意しているのです。
たくさん水を飲んでしまうと汗もたくさん出ると考えての事です。
体臭の中でも汗臭はすごく気になります。
汗臭や体臭に効く方法がないのか探しています。

わたしは自分の「足臭」に悩まされています。
足を洗う時は欠かさず指の間までちゃんと洗っているのですが、何故か臭いまんまで起床したときから匂いが出ているのです。
夜になると一段と悪臭になっているので、友達の家に寄るような予定があるときには不安で仕方ありません。

臭いを感じるようになってから現時点まで周囲の人からクレームをつけられた事はありませんが、たぶん全員「臭い」と思っているはずです。
その状況もなかなか辛いので、こっちから笑いをちりばめつつ言ったりしています。
足臭に悩みはじめた頃よりも臭いは強くなっている感じです。

確認してもとくに指のまたの所の匂いは強烈です。
勤務中にシューズを脱ぐようなシーンがあると、憂鬱で仕方ありません。
足専用デオドラントや臭くなりにくい靴下を使っていますが、それ程効いてない感じがします。

履いている靴自体にもニオイが染み込んでい感じがします。
靴の中にコロンをかけてみたこともあるけど、結果は最悪で「足臭」と香水の匂いが混ざり合ってビックリするようなにおいを発していました。
あれこれ対策を講じてきましたが、最近は一日に何回か足元の汚れを落とす事しかしていません。

夏季などの発汗しやすい時期には身体から匂いを発しやすくなります。
ですが度を過ぎた「体臭」は隣の人などに嫌な思いをさせてしまいます。
出来るだけ防臭対策はしておいた方がいいでしょう。

体臭の元は一つではありません。
お肉ばっかりって人は「体臭」がひどくなりやすいようです。
肉は動物性の脂肪やたんぱく質が多く、肉料理が多いと産生される皮脂も増えてしまいニオイの元となるのです。
魚類や野菜類などを多く取り込んでバランス良く食べていくとニオイが抑えられると思います。

飲酒の習慣がある方も臭くなりやすいようです。
酒類には代謝される時強烈な臭いの物質に変化します。
なので汗も悪臭となってしまいます。

それからお酒には臭さを増す作用があるため悪臭になりやすいです。
お酒は深酒をしないようにし適量をいただきましょう。

更には気に入った履き物をヘビロテしていたり、ソックスを着けないで靴を履いている人も足の臭いが強い人が多いです。
シューズの中が乾ききらないのでニオイの元となります。
とくに足からするニオイはパンチがあるので靴下をしっかり履いて、3足ほどの靴を休ませながら使用するといいですね。

からだの場所によって極端に汗をかく量が違う

わたしが心配している汗での悩み事は、からだの場所次第で極端に汗をかく量が違うのです。

例えば、夏の汗。
兄弟は背中や顔面からタラタラと汗が出ていますが、同じ状況の中で一日過ごした場合、自分の場合は腕はまったく汗をかかず、両脇とうなじの部分にそれなりに沢山汗が出てくるのです。
ココに汗をかくとすごく不快なのです。

最も、みんなもそうなのかもしれませんが、脇という場所に汗は出ないで欲しい場所です。
顔面もまったく汗が目立たないからなのか、同じくらいの運動量なのに「運動が足りないのでは?」と怪しいまなざしで見られるのです。
そんな風に思われると、すこし不愉快になりますよね。

脇とかうなじに汗をかくわたしは、臭いの方が心配になります。
ですので、輸入品の大きなもので、そして日本にないようなフレグランスのものを好奇心でネットショップでお取り寄せしてみました。

それと、ミョウバン柿渋石ケンも良いらしいです。
今現在はドラッグストアなどでも扱ってたりします。
大量に汗をかく人でもさまざまなニオイを選べる範囲が広がったので、有り難い気持ちでいっぱいです。

汗についての悩みは人によりますが、私の場合は最強の汗かきではないかと思います。
主に夏場。どうしようもないのです。

シャワーを浴びても就寝中に汗をかいてしまうので、目覚めた時には汗で髪の毛がびっしょり。
元よりシャワーを浴びたとしても外出の際には汗をかく為、夏の時期にはポニーテールにするほかないのです。

「髪切れば違うんじゃない?」といわれたのですが、とんでもありません。
切ったら汗がしたたり落ちてきたり、毛先に汗の結晶が付き白くなったり…。
髪を結んでいたとしても毛先は白く固まりゴワゴワという悲しい状態になってしまいます。

さらに、制汗剤も駄目なのです。
シューっと吹き付けた時は良いニオイがするんだけど、何時間か経ったら汗臭いニオイがしてしまうので悪臭と化してしまいます。
ですのでわたしがしている汗臭さ対策は両足の足首にコロンをぷしゅっと。

これなら匂いが混ざる事が無い為良い香りの方が昇っていくのです。
暑い季節が過ぎ髪の毛を結わなくてもよくなるとわたくし恒例の行事。

まずはカラーリング。
そして年末前に髪の毛をバッサリ。
これが一番の汗対策になっています。

汗が出てくるくらい暑くなってくると、手の指からも汗が出るのです。
もちろん額や腕などほかの部位からも汗は出るのですけど、一番ベタベタっとするのが両手の指です。

前は両手の指が発汗するなんて皆無に等しかったのですが、年齢が上がると体質も変わってくるようでわたしの悩みのひとつになりました。
汗が流れ落ちるといった事はないのですが、あたかも揚げ物を握った時みたいな感じです。

夏の時期になると、私が良く触るようなものは湿ったりベタベタしたりします。
一例をだすと、携帯の場合はいつもベチョッっとした手触りなのです。
指の汗を拭いてからスマートフォンを触るようにしていますが、長時間操作していた場合いつの間にか汗をかいていて電話が汚くなります。

さらに、財布においても家に帰ったらティッシュで拭きとらなければならないほどベタベタします。
知り合いに相談したら「気にし過ぎじゃない?」と言われたのですが、実際に使用直後のスマホに触れて見て貰ったら悩みに共感してもらえました。

ここ最近、いい年になってきたからなのか、自分の体臭が気になります。
前、僕の上司や父親も同様の臭いがしていました。
40過ぎると臭うようになんだろうか?オジサンになったから体臭が出るのか分からないです。

運動しててもしなくてもにおいがします。
以前は運動で臭いのかと勘違いしてました。
風呂に入っても匂っているし、変なんです。

体臭って、男性の独特の臭いで女の人のニオイとは少し違います。
女性の場合は香水のにおいがするんですが、男の人の場合は男性特有の臭さなのです。

ヘアサロンに行ったりするとリンスなどの香りが続いていい香りです。
ニオイの元っていったいなんだろうかと思います。
僕自身は去年まで剣道をやっていました。

臭いっていっても汗のにおいでした。
ですから洗濯したら臭わないと思ってましたので汗臭くないと思います。

アルコールも疑ってみたのです。
上司の場合は絶対にアルコールが原因だろうと思っていたのです。
けれども、自分はアルコールを口にしないのに匂います。

ですので、アルコールじゃないようです。
親父も元上司もボクも結構飲む方ですけど、飲まない人にもニオイがあるので、何でニオイがするのか不明です。

ただ、親父が匂っていたのが四十歳くらいなので自分もそれくらいだし、何が原因なのか不明です。
体臭というのはそれくらいの年なら誰でも出るものなのかな?

あたしは自分のわきのニオイを気にしています。
夏場は特に気になりますが、冬場も匂いが気になるときがあります。
ですから、自分がやっているワキのニオイの処置法を紹介したいと思います。

まず、ブラウスを着る際には脇汗用シートをつけています。
それのお陰でワキ汗を服にしみこませることなく、ばい菌が繁殖するのを抑えてくれるので、臭いの元がなくなります。

それをしていてもわきのところについた黴菌が臭うので、出かける前にスプレータイプの制汗剤をつけます。
夏場は汗で流れ落ちてしまうので、化粧室に行った時などにしょっちゅう脇の部分をアルコールティッシュを使って拭きます。

そのあとに、デオドラントスプレーをもう一度塗ります。
だけど、職場のトイレ等でスプレーすると、音が出て気になると思うので、その場合は塗るタイプのものも常備しておいてつけるようにしているのです。

それから、わきのムダ毛も衛生的ではないので、冬場もしょっちゅう処理するようにしています。
自分自身のニオイはなかなか気づきにくいものですが、なるべく清潔に保つことで匂いの元から対策をすることが肝心なのだと思います。

参考:AHCセンシティブのお試し通販!2980円で半年分試せる制汗剤
URL:https://www.realprintandfinish.com/

足元のニオイに悩み出したきっかけ

10代の頃から自身の足裏のニオイに悩んでいます。
ことの発端は高二の時、部活の休憩のときに友人たちと輪になっている時に一人の子が「なんか最近足臭がするんだよー、ちょっと靴匂ってみて」と仲間にスポーツシューズを回しました。
そんな事からその場にいた全員のシューズの嗅ぎ合いっこがスタート。

言い出しっぺの子の靴は彼女自身が言うほど匂いは強くなく他の友達たちも「全然平気じゃん」と笑顔を見せていました。
あたしの靴の中を嗅ぎ出したとき、皆の顔が明らかに歪んでいました。
それ以来私自身の足元のニオイに悩み出したのです。

大学生になって、バイトの後にバイト仲間と飲む約束をしていた時のことです。
バイト先ではくつ下にスポーツシューズで働いてたのですが、その日は夏だったので自分ちからはサンダルを裸足で履いていました。
ホイホイと、約束通り友達んちに飲みに行くことにしました。

玄関を上がり、席に座った数分後、何かが臭ってきたのです。
もしかしてこの臭いは・・・と思い、トイレを借りるついでに足の匂いを嗅いでみたら、「くさっ!」となりました。
もう「ヤバイ」の一言です。

真夏の時期で何人も素足の人がいたので、臭いの原因が私だと、特定する事はできないだろうなとは思ったけれど、一刻も早く抜け出す事を考えていました。
その日以来、バスタイムには足先をしっかりと洗浄し、足専用デオドラントは一年中つけるように心掛けています。

わたしは若い時分から少々わきが気味でした。
わき専用のデオドラントスプレーをやっておけばニオイにくくなっていたので特に人目を意識せずに生活できていました。
でも、40歳近くになってから新たな悩みが出てきたのです。

わきが臭以外の体臭が発生している事に気付いたのです。
まだ体のどの部分が臭っているのか明らかになっていませんが、着けていた衣服が何とも言えない臭いを発しているのです。
それが発覚してからは不本意ながらもこのニオイ問題を知り合いに聞き回ったり、本で情報を探ったりしました。

それで、この臭いは加齢による体臭だということを知りました。
あの俗に言う「オヤジ臭」です・・・、まさか私自身がそんな匂いを発するようになるとは思いもしませんでした。
すごく落ち込みました。

このニオイで大変なのは、衣類ににしみた加齢臭が洗濯機にかけても完全消臭できないところです。
わたしは寝るときにはパジャマを着るのですが、特に襟首らへんのにおいは入念にクリーニングしてもなかなか落ちません。
「加齢臭」とは一生の付き合いになるのでしょうが、可能な限り他人に不快感を与えないよう気を付けていきたいと思います。

発汗するくらい暑い季節になると、両手の指が汗ばんできます。
うなじや額などからも汗は出るのですけど、特にベタベタっとするのは手の指です。
以前は両手の指が発汗するなんてありえなかったのですけど、年齢を重ねてくると体質も変化するみたいでわたしの悩みのひとつになりました。

汗がしたたり落ちるくらいではありませんが、例えを出すと揚げ物を握った時みたいな感じです。
夏の時期になると、私自身が持ち歩いている物はベタっとしているのです。

一例をだすと、携帯の場合は常時べたついた手触りなのです。
指をタオルで拭いてから携帯電話を操作するように心がけてはいますが、ずっと操作していると知らない間に指汗をかいてしまい携帯がベチョッとしているのです。

他にも、おサイフも家に戻ってからウェットティッシュで拭かなきゃならないくらいベタついているのです。
お友達にその話をしたら「気にし過ぎてるだけだよ」と言われましたが、現実につかった直後の携帯電話に触れて貰ったら私が困っているのが分かったみたいです。

まだ小学生低学年の娘がいるんですが、まさかこのような年端もいかぬ子供の両脇からニオイがするなんて…。
想像もしていなかったのですが、うちの子が汗をかきかきかえってきたある日のこと、おフロタイムになんか異臭がするなと思ったら、我が子の脇からものすごくツンとする匂いが出ていたのでビックリしちゃいました。

足ならだれだってニオイが発生する事もあるでしょうがそれにしても「脇臭」はショッキングでした。
今までこんな風に子供の脇の下の臭いを感じた事がなかったのでちょっぴり慌ててしまいましたが、入浴を手伝う時にキチンと汗を流してあげました。

まだ小さいので綺麗に洗ったら脇臭はしなくなっていましたが、何と言うかデオドラント剤をやったりして一日をスタートさせるのもちょっとどうかという感じなので対策が分からず少しばかり頭を痛めています。
10歳にも満たない子が、そういうデオドラントスプレーなどに頼るのも何となく怖いのでとにもかくにももっと体を清潔に保つようにさせないとなと考えています。

毎晩お風呂に入っていても、汗を掻いたら服を取り替えるなどをしっかりと実施していきたいです。
脇部分のニオイって7、8歳の子どもでもニオイが出るんですね。
結構ショックなもんですよ。

ワキ汗のニオイにうんざりします

わたしは自分のワキ汗のなんともいえないニオイに困っています。女性だからワキ毛はいつもきれいにお手入れしている状態ですが、ワキ毛を処理してもワキに汗をかくと臭うのです。

それで、「どうせ臭うのならワキ毛があった方が衣類に汗が付きにくいだろう・・・」と思ってわざとワキ毛を伸ばしっぱなしにしてみたことがありますが、ワキ毛を伸ばしていたときの方が更にニオイが強くて困りました。ワキ毛にはワキのニオイを封じ込めるチカラはなかったようです。

それからはいつもワキ毛の処理をしてツルツルの状態にしているのですが、それでも緊張したり気持ちが焦っている時にはワキからじっとりした汗が出て臭います。精神的なストレスがある状態の時にかいたワキ汗ってさらさらした汗ではなくじっとりしています。

水のようにさらさらした汗だったらニオイは少ないですが、じっとりと濃い汗がじわじわ出るとその後のニオイが強烈で、自分でもそのニオイにうんざりするのです。

自分は医療関係の仕事をしています。そこの先生が大問題で…。と言いますのも、その先生はすごく多忙で特に月末は書類を作る仕事もあるので寝る暇もなく作業をしています。

それは仕方がありませんが、それだけではなく、お風呂の時間まで削るのです。ですので、営業時間が過ぎても残って仕事をするため、帰らずに病院で寝泊まりしています。
そして、夜を明かして次の日も仕事をしているのですが、先生自身は気付いていないのかは知らないのですけど、毎回臭うので分かるのです。しかも太ってる先生なのでとても汗かきなので、とんでもないニオイがします。

またその状態のまま一夜を明かすので、服も着替えていないのでその匂いもきつくてたまりません。患者さんの中でも気付いている人がたくさんいるため、ホントに申し訳ないです。

その他にも、煙草も吸うのです。ですので、煙草を吸った後診察を再開するときは、指も臭い、体も臭い、息も臭い、ホント悲惨です。これが経営者では注意すらできないため私たちスタッフもとても困ります。
ニオイというものはなかなか自分では気づかないのでしょうが、何とかしてほしいと思います。

自分は緊張すると両わきにたくさん汗をかいてしまいます。一般的にいう脇汗に困らされています。だけどわき汗は、出かける時にはワキ汗パッドをつける事で対応できているので、まあいいでしょう。

しかし頭を抱えているのは手汗です。なぜなら手汗って汗取りシートなどで汗を吸収できるようなものではありませんからね。応急処置的な対応で、タオルでまめに汗を拭くような事はしていますけれど。

例を挙げてどんなシチュエーションで手汗が出てくるのかというと、緊張するような場面は手汗が出てきますよね。例えを出すと、意中の人と話したりするときには、肩に力が入って手に汗をかいてしまいます。
けれども、私の汗の悩みとして問題だと思うのが一般的に緊張しないようなときでも、手汗をかいてしまうことなのですよね。

一例をあげると、友人たちとお話をしているときやドラマや映画を見ているときとか「手に汗にぎる」と言ったりしますが、マジで汗を握れる位にかいてしまったら気持ち悪くなると思います。

私は、中学生時代は「もりっぺ」と呼ばれて、周囲から慕われていました。なめられないように努力していたので、その男らしさにみんな感じ入っていたのでしょうね。

中学を卒業してからは(中学卒業後は土木建築業に就職)、同じクラスだった女子を彼女にして(彼女から告白してきました!)、羨ましがられる十代だったと思います。

しかし、私には悩み事が一つありました。それは、私が大の「ワキガ体質」であったことです・・・。

体育の時間だけは汗だくになって頑張る私の勇姿。それを遠目から見ている女子達は、さぞ私のその姿に惚れ込んだことでしょう。

しかしながら、私の周囲の男子は「もりっぺは臭い」「きっと、ワキガというやつだ」と噂していることが耳に入ってきて、私は次第に自身の体質について悩むようになりました。「ロン毛(長髪)で臭い」から「汚い」という男子もいたようで、内心深く傷ついておりました。

どうやら、私の汗は臭いらしい。ワキガではない男子と違い、何かスパイシーな臭いが辺り一面に漂うそうなのです。中学卒業後にできた彼女も、そんな私のワキガ体質に気づくと、私の元から去っていきました・・・。

ワキガがそんなに悪いのか。ワキガ野郎は、生涯「臭い」という烙印を押されて生きなければならないのか。私は怯えました。

その恐怖心から、私は様々なワキガ対策を講じてきましたが、結局何一つ効果をあげられず、最終的には貯めたお金でワキガ手術を敢行しました。その甲斐もあり、ワキガは見事に治りました。

今では、ワキガ体質に怯えることなく、日々現場で仕事に勤しむことができております。ワキガで本当に悩んでいる同士達は、ワキガ手術を選択肢に入れておいても損はない、と思いますよ。