シェービングジェルのような高いものを買うのは嫌

ムダ毛の処理を剃刀でやる場合はシェービング用のジェルを使いますよね?
そのジェルの効き目に気になることがあります。

実際にボディシャンプーや石けんを泡立てて使うよりも効果を発揮するのかと疑わしいのです。
まず第一にむだ毛のお手入れにあまりお金を使いたくありません。

なのでなるたけシェービングジェルのような高いものを買うのは嫌なのです。
だけどその結果肌にトラブルが生じてしまうということも避けたいと思います。

ですのでシェービング用のジェルの良い点が聞きたいのです。
石けんやボディソープとかをクッション代わりにかみそりで無駄毛を処理する場合とシェービング用のクリームを使ってむだ毛を処理する場合では一体どう違うのでしょう?

シェービング用のクリームを使えば値段に適した効き目があるのか気になります。
ボディソープや石けんなどを使う場合とシェービング用のクリームを使う場合とで肌にどれくらいの違いが生まれるのか把握したいです。
それによって使い続けるかどうかを見極めたいと思います。

ムダ毛を抜くと増えるということがよくあります。
私はムダ毛を抜くということを13歳か14歳の頃の時に始めました。
その時までは剃刀で剃ることはありましたが、抜いたことはありませんでした。

この「抜く」お手入れを始めてから自分にある変化がありました。
それは「増える」ということです。
抜いてお手入れするようになったらそこの周りにムダ毛が生えてくるようになりました。

その頃まであまりむだ毛が生えてなかった部分に無駄毛が増えてきて一気に毛深くなりました。
これでかなりへこみました。

でも毛抜きを使い始めたのが中学生の時だったので、丁度ムダ毛が伸びて来る年ごろだったのかもしれないという場合もあるし、むだ毛が増えたことがむだ毛を抜いたことが原因なのかいまいち不明なのです。

むだ毛って抜くと量が増えてしまうのですか?
そうではなく単にホルモンとの関わりでムダ毛が生えてくる時期に抜き始めたから、そう感じてしまっただけなのでしょうか?

どっちなんでしょう。
この後ムダ毛を抜くことに不安を感じたままでは困るので、どっちなのかこの疑問に答えてもらいたいです。

もともとフェイスケアの為にそこまで時間をかけない、逆に顔を洗ってからどこにでも手に入るような手頃な化粧水をはたいて終わりっというような人にとってみたら、むだ毛の処理という面倒くさくて、頑張ったところでそこまで変わらないだろうという風にしか思っていない私は、顏剃りに初めて挑戦したときのことはいまだに思い出す事ができます。

確か私の母親が化粧道具と一緒に入れていたT字のカミソリの事を思い出した私はそれをスーパーで買い、夜中皆が寝静まったくらいの時間に洗面台の電気をつけて、くずかごを用意して、顔に沿って剃刀をあてていました。
どの程度の力ですれば良いのか定かではないですし、またそんなに情報もないし、こんな姿は人にも見られたくない。

しかし髭のようにある産毛はとりたい、そう思って顔を剃ったのです。
顔の毛を剃ればさっぱりとして気持ちよかったですし、何気にお肌はヒリヒリ感がありました。
化粧水をつけてその時は対処しましたが、脱毛店などに行けないような人って、「どうやって処理しているの?」って思いました。

ただ、翌日の朝のお化粧ののりが前よりも良くなった事だけは印象に残っているので、それ以降も自己流で行っていますが、適切な方法が分らないままになっているのが悩み事です。

わたくしはとても消極的なので何か言われても否定のできない性格です。
そんな性格ですから脱毛してもらいたいけど勇気が無くて行けてません。
なぜなら説得されて高い脱毛を押し付けられそうだから恐いのです。

脱毛エステは勧誘がしつこいということを小耳に挟みました。
何やら「この脱毛がいいですよ」と無理やり全く予定の無かった料金が高い脱毛へ勧誘されるらしいです。
芯の強い人なら拒否すればいいことですが、あたしはこういう強引なことに弱くて、うっかり流されてるままになってしまいます。
それだけにサロンに行くのが不安です。

脱毛専門店で脱毛処理をしたいといった気持ちはあるのですが、無理強いされそうで行こうという気になれません。
もう少し自分の考えをきちんと伝えられるといいのですが、そういった性格にはなれません。

脱毛サロンに行きたいけど、勧誘がイヤで3年くらいずっと脱毛できないでいます。
それが今では脱毛したいという気持ちがとても強くて、じっとしているのがもったいないです。
脱毛専門店で言い包められないで思うように脱毛してもらうにはどうすればいいんだろうといつもあれこれ考えています。

キャミやTシャツを着る季節になると気になるわきの下のムダ毛

だんだん暑くなってくると、無駄毛が気になってきます。
とくに夏になると、キャミやTシャツなどの服を着る機会が増えます。

ですので、まずは、わきの下のムダ毛が気になります。
ワキ毛に関しては、普段は剃刀を使用して処理をします。
この方法でしたら、それほどお金はかかりません。

しかも、自宅で気軽な気持ちで無駄毛処理をおこなうことができます。
だけど、カミソリを使用した自己処理は、良い方法だとは言えません。
とくに脇毛は、細かな部分が残ります。

そしてその部分が、目立ってしまいます。
そんなことから、夏の季節にタンクトップを着て外出するのを避けています。

こんなことから、脱毛サロンで脱毛処理をして貰うのはいいのかもと思っています。
一番に、ツルツルな仕上がりが期待できるって幸せだと思います。

それから、面倒臭い自己処理からも解放されてラクができると思っています。
費用の事など、通うために必要な条件が揃った時に、エステティックサロンに行ってみようと思っています。

デリケートゾーンの毛を剃刀でケアする事は容易そうな気がしています。
それこそサーッとシェービングするだけなので、あんまり地肌に悪影響がない感じがします。
ただシェービングケアだと、仕上がりがよくなさそうですし、たちまち伸びはじめるに違いありません。

だったら毛抜きケアのほうが良いと私は思います。
だけどVラインとかってとても痛いんじゃないかと危惧しています。
引っこ抜いた経験がないので、勘でしかないのですが、明らかに痛そうです。

また刺抜きでお手入れしたら肌負担が大きくなりますか?そのへんが心配で不安で、まだVラインのムダ毛の毛抜き処理ができないでいます。
万が一デリケートゾーンの毛を刺抜きでケアした経験者がいるなら、どれくらいの刺激を感じるのか教えてもらいたいです。

あとビキニラインのむだ毛の毛抜き処理をするとどういったダメージがあるか知りたいです。
地肌に悪影響がでるのは避けたいので、予めこういうことを把握しておきたいです。
この疑問が解決しないと懸念されて、アンダーヘアを毛抜きケアする決心がつきません。
何とかしてそんな心配事を払拭したいです。

なにげに指を確認したらすでに指部分の体毛が成長し始めていました。
小さい時から指毛は無いことなかったかけど、もっと少なかったのです。
それと今より細毛だったように思います。

だけどここのところ何もしないでいたらひどく太めの毛がニョキニョキって。
いつの間にこんなにもむだ毛が目に付きやすくなったのかとあ然としてしまいました。

大人になるにつれてひょっとして指先のムダ毛って目立ってくるのかしらと恐ろしくなっています。
ワタシは指先のムダ毛で前に片思いの相手にからかわれたことがあり、非常にショックでした。
それ以来指の無駄毛を憎んでいます。

しかしひとりでに目立つようになって焦っています。
年齢を重ねるごとに指毛って剛毛になったりするものなんでしょうか?今よりか指先のムダ毛が増えてほしくないので改善策を伺いたいです。
今以上に「指毛」がすごくなってきたらどうしようと怯えているのです。

たくさんムダ毛が生えると基本的に手指が骨太な感じなのでまるで男の手みたいです。
このことが現在の最大の悩み事で今後も増えるんじゃないかと戦々恐々としています。

みなさまは「エステサロン」に関して、どういったメニューにご興味があるでしょうか。
わたしは以前から「脱毛」のジャンルが気になっています。
私は学生時代にウデの無駄毛を剃刀を使って剃っていた事があって、その頃から処理後に生えるむだ毛が太くなっているような気がしました。

ですがその時には剃り続けていたので、毛が生えてこないという事はなく、何回くらい剃刀で処理したかわかりません。
ついに、まさに剛毛化という感じになりコンプレックスを抱くようになっていました。
それから何年かたった後、30代になってから「サロン」に行くようになりました。

わたしが腕の毛を脱毛するために通っている脱毛サロンは、会員制となっています。
腕の脱毛の場合は、部位を選ぶことができるオーダーメイドにしました。

3~4回施術を受けた位から、だんだんと毛が薄く細くなったような実感があるのですけど、まだ毛は生えてきていました。
担当スタッフさんから説明を受けましたが、腕のムダ毛は10回程の施術が必要らしいです。

ムダ毛ケアイコール面倒だという認識だと実にうっとうしくなってきます。
何をするにしても、「面倒なこと」という認識だと本当につまらなく感じます。

気が進まないとか避けられるものなら避けて通りたい!と思いながらやると大抵失敗に終わります。

なので、毛の始末を億劫がらないようにしました。
初めのうちはそれでも煩わしくってしようがありませんでした。
楽になったのは、バスタイムに除毛するのをパターン化してからです。

はじめに、お湯の中に入り全身をあたためてお肌をしっとりさせます。
じんわりと汗ばんできたら一旦洗い場へ出ます。
全身にシャボンをまとったらそのまんましばらくおきます。

わたしは全身をスポンジやタオルでこすり洗いしません。
肌を乾燥から守るために、石けん泡を体中にまとったら1~2分放っておきます。

その後体を洗い流す前にカミソリでさっとシェービングを行います。
こうすると億劫になる事もなく、ムダ毛のお手入れが出来ます。
ムダ毛を処理した後はローションでスキンケアをするのがおすすめです。

参考:パイナップル豆乳ローションプレミアムのお試し通販なら初回半額!
URL:https://www.gammills.com/

身体は食事でつくられるので本質的にはインナーケアがとても大事

美容で特に考えるのは肌の手入れです。
顔の洗い方やその後のケア、肌の調子など。
やっぱり肌の調子がいいとキラキラしてようにみられ、若々しくなります。

外側からあれこれと施して素肌ケアをおこなうことも欠かせませんが、本質的にはインナーケアはとても大事。
自身の身体は食事でつくられています。
だから摂るものに配慮すると、エネルギー代謝をたかめたり「細胞」の若返りも見込めるのです。

年を食うと、お肌の老化も始まり、しみが見られるようになったりシワが目立つようになったりします。
こんな問題を外側からどうにかするのは実を言えば難しいのです。
皮ふも年齢があがると表面の取り込む力もどんどんと弱まってきてしまうのです。

いくら高い化粧水などをつけてもなかなかお肌の具合がよくならない、そのように感じたことはありませんか?

もし、そう思えた事があるなら、日々の御飯を改善してみてはいかがでしょうか。
栄養のバランスがしっかりしたお食事や「眠り」は確保出来ているか、少々考えてみましょう。
「栄養不足」であれば、サプリを足してもいいのです。
眠れていないようであれば、軽めの有酸素運動をしてみましょう。

今は色々なサプリが手に入ります。
なにをチョイスすればいいのか見極めにくいですが、毎日の「食」に栄養素をたくさん摂れるものを一個でも足すと、美肌のためになります。

キレイを維持することが全てではないと思うけど薄汚いよりもきれいの方が良いですよね?
綺麗になる事ばかりに頭を使っていると中身が空っぽになりそうだけどほどほどに考えているのなら一生汚くなることは避けられると思います。

お腹がへった時、お菓子で満たすのではなくナッツを食べているとからだにいいですしお肌にとっても良いのです。
つやのある肌になります。
当然体の為にもなると思います。

ナッツ類というのは自然のものですしさまざまな栄養素が含まれているのです。
高品質ナッツ類だとそれなりの値段なのですがそれは仕方がないですよね。
高級化粧品にお金を費やすよりちょっと高めのナッツに充てた方がお肌の為になるのです。
コスメでやれる事は皮膚の表面のメンテナンスだけど、木の実なら体の内部から整えてくれます。
肌に栄養を与えてくれるのです。

健康的に生きるためにもハイクオリティ食材は思う以上に大切です。
今は昔以上に食材の栄養素を考慮しないと余計なものまで摂取してしまいます。
10年程前までひどいニキビ肌だったので、美容に関してはある程度気をつかっています。

と言いつつも、特別なことをしているつもりはないし、高いスキンケア商品を使っている訳でもありません。
あたしが、美肌になる為に今まで長い間いろいろなことを試してきて心得たことは、高価なスキンケア商品でなくても、しっかり自分に合った商品を探して使っていくことは重要だと感じています。

ちょっとしたことかもしれませんが、夏に限らずどの季節もUVクリームをつけたり、洗顔石けんはしっかり泡立てたり、時々フェイスパックをしてみたり、それと、添加物の多い菓子は食べ過ぎないように気をつけたり、バナナやりんごなど肌にいいのでフルーツもとったりと自分で簡単にできる事を毎日地道に続けています。

「それだけなの?」と思う人もいるかもしれませんが、こういった地道な積み重ねが大事だと思います。
吹出物の肌から美肌になり7年。
この地道な努力の成果か今も綺麗な肌を保てています。
今後も、頑張りすぎずに続けていって美肌をキープしようと思っています。

美容のために髪の毛や肌が乾燥しないように

美容のためにいちばん心がけているのは「乾燥さない事」です。
お肌に限った事では無く、爪も髪も、体全身は、水と油のバランスの良さが大切だと思っています。
バランスが崩れると、その影響がですのですが、年齢や季節などで、やっぱり乾燥してしまう事があります。

それを補うために、過剰に脂質が分泌されてしまった場合、化粧崩れの原因などになったりします。
そのため、髪の毛や顔など、乾燥しないようにする事が最も重要だと思っています。

例を挙げると、入浴した後に、はじめに化粧水で保水しています。
次に、体全体にクリームを塗っています。
髪の毛にもオイルやクリームを塗っています。

こうしたことは入浴した後の三分が大切なのです。
それから、日常生活でもしっかりと水分をとるようにしたり、コラーゲン入りドリンクなど乾燥対策できる飲み物を摂るようにしています。
時どきちゃんとイオン導入する事で、お肌に水分を浸透させています。

美容って何?って考えたら、肌荒れが一番初めに思いつきました。
自分は、凄い便秘で、体内に老廃物が溜まっていることが原因なのだと考えたのです。
最初に実行したのは、常識的な事なのですが、食物繊維を多く摂取する事です。

あと、食生活の改善だけでなく、他にも手はないかとリサーチしたら、骨盤が傾くと腸の動きも悪くなり、便通が悪くなるという事がわかったのです。
体の歪みを矯正するには整体院。
すぐに近所の整体院を探しましたが、施術士さんが男性だったり、なにより私は超擽ったがり屋さんな為、相性がいい所を探せませんでした。

結局お友達から勧められた、女の方が施術して下さる整体院に巡り合いました。
強引に揉んだり、くすぐったい感はあまりなく、さらに自分で行えるケアのやり方も教えてくれる、凄くいい先生です。
美容にいいからとやりだしたことなのですが、結果的に健康的になれて、始めてよかったです。
私の経験からですが、美容といったら体の中から健康になることだと思いました。

お肌の為に、自宅ではたいがい素顔のまま生活しています。
素顔でいる時に呼び鈴がなったら、使い捨てマスクを着けてでます。
マスクをつけてしまえば、目の周辺しか見られないのですっぴんでもそれ程気まずさはありません。

因みにノーメイクと言ってきましたが、一応アイブロウだけは施しています。
やっぱり「眉無し女」だとゾッとさせちゃいますから。
メイクアップすることは、やっぱり皮膚に悪影響があるという不安があります。

ことにお肌のコンディションがイマイチだったり、体が不調のときにメークアップすると、スキントラブルが加速されているような感じがします。
しかしながら人気の多い場所にお化粧なしで行こうとは思わないので、やむを得ず化粧を施しています。

すっぴんで出勤とかは考えられないですし。
だけど、可能な限りメイクアップしないでいたいです。
肌を綺麗にしたいから。

美肌であればメーキャップする時間も少なくて済むし、何と言ってもスキンコンディションが良いだけで美容が行き届いているように見られます。
普段はやれなくても、休暇中に家にいるときなど化粧なしで生活して休化粧日にしてあげるのが必要なんだとおもいます。

ステキな「香り」をほのかに振りまけばイメージもよくなる

「素敵な女性」「かわいい女の子」から想像する印象は人それぞれですが、殆どの人間が思い当たるイメージ、それは「香気を放っている」って事。
いい香りにはたくさんの良い点があります。

最初に、人に与えるイメージ。
品のあるパフュームやヘアコスメや柔軟仕上げ剤が淡く匂う女の人は、清らかな美しい女性というような心証になります。
香水や柔軟剤、シャンプーなどは今では色々な物が発売されているので、好きな「香り」と出会えることでしょう。

ただ、「匂いの強さ」には気を付けなければなりません。
ことにパフュームの香気がキツすぎると悪い印象を与えるだけじゃなく、電車内、室内などで他の人のコロンと一体化して気分を悪くさせてしまう可能性もあるのです。
兎にも角にも「ふわりと漂う」くらいを目指しましょう。

それから、良い匂いは人に良く思われるだけでなく、自分自身にも効くんですよ。
人は自分の好きな香りに囲まれていると、満たされた気持ちになれるものです。
オードトワレ等家の外で香るものに限らず、おウチのなかも、芳香剤やアロマキャンドル、お香などで、心地よいかおりで香り付けしてみましょう。

これだけでリラックスでき、美意識も高まります。
ステキな「香り」をほのかに振りまいて、周囲も自分も心が弾む、美人さんになってみてはいかがですか?

5月頃はわりと紫外線が増えるようなので、ちゃんとした対策をしなければいけないということを聞きます。
UVカット乳液はくり返し使った方が効果があるのですが、実際にはメイクの上に日焼け止めミルクを使うことに抵抗があるという人は大勢います。
化粧をまず落してからUVカットミルクを塗り、再度メイクすることになると厄介なことです。

最近は日焼け止めスプレーがあるので、それを使えば化粧の上からでも楽に日やけ止めの使用が可能になります。
SPFの数値が多ければよいということでもないらしいです。
何も塗ってない時と比較をして、お肌をどの位のあいだ紫外線から守ることが出来るのか、という数字なんだそうです。
防護する効力の数字なので、各自のお肌に合うものを探して使うことが大切です。

紫外線のダメージからお肌を保護する為、UVカット効果のあるフェイスパウダーも併せて使っています。
パウダーで紫外線防止の役割を果たしてくれるので、外出した時でもサッと使うことができて重宝してます。

40歳を過ぎて、体が変化している感じがありシワが深くなったり、シミや肌のくすみなどを実感したのでミネラルウォーターはまめに飲むようにしました。
四十歳になり、代謝が悪くなり、足のむくみが気になりだし、これまではそこまで水分を取っていなかった事にも問題があると思ったので、水分をちゃんととるようにしたのです。

代謝が悪いと色々と影響がでて冷え症になってしまい、寒い季節は本当に凄くてかなり体が冷えるので中々眠れなくて、睡眠の質も良くないので体が硬くなって解れずに悩まされていました。
ちゃんと水分補給するようになり、余分な水分を排出するので体の内側から温まるような気がします。

お湯にするとあったかくなりますし、代謝もよくなるのでいい感じです。
ミネラル水に関しては体質に合う軟水を選んでいます。
硬水はお腹を下すので、相性が悪いように感じたので軟水を飲むようになりました。

あたしの美容法は、なんといってもウォーキングそして、きちんと食事をとることです。
と言うのはお通じがとてもよくなるからです。
お通じが無いと、肌が荒れてにきびや吹出物に悩まされますよね。
ついには、お口まで臭いますよね。

ウォーキングをすると想像以上に腸が動く効果があるらしく長くあるくと、便意をもようしトイレに行くようになります。
食事を十分とってから歩いていると決まってトイレに行きたくなるのです。
お肌のケアのみでは肌荒れや体の不調を治そうとしても限りがあると私は、思うのです。
しかし、便秘薬を使うのは避けたいし。

そんな時ウォーキングをすると便秘がよくなっている事に気がついたのです。
毎日歩き続けて、2週間くらい好調で快便だったのです。
ところが、生理前ってどうしても便秘になりやすいですのね。
あたしも悩みのひとつです。

そういう時は寒天を食べることにしています。
なんとなく、効いているような気がします。
でも、生理のあとはまた便秘は解消されます。

オンナってつくづく厄介だと思います。
これからも、ガッツリ食べてしっかり歩いて、お通じをよくし綺麗なお肌を目指します。

お肌の大敵、紫外線。
夏に外出するときは当然ですが、冬の屋内でも、顔には必ず日焼け止めを塗っています。
やる気が出ず、素顔で家に居るときでも(普段はそんな事は少ないんですよ。)日焼け止めはちゃんと塗っています。

家の中にいても、紫外線というのは知らないうちにうっかり浴びてしまっているものなんですよね。
特に窓側は危険ゾーンですよ。
遮光のカーテンを四六時中閉めた状態にしておけば大分紫外線カットできますが、折角のいいお天気の時にカーテンで光を遮って過ごすというのは、賛成できませんね。

そんな訳でわたくしはカーテンで紫外線対策はせず日焼け止めを塗るようにしています。
たくさん日差しを浴びてしまった場合、シミやシワ、たるみやそばかすの原因になってしまうので、紫外線を避けるというのは美しい肌をキープする為には必要不可欠なのです。

特に夏は、いつでも日焼け止めを塗り直せるように、サンスクリーンスプレーをバックに入れていつも持っています。
パウダー&スプレータイプの日焼け止めは、化粧をしていても紫外線対策をすることができて手軽です。
私の場合はメイク直しの最後に、シュッとしています。簡単紫外線対策です。
紫外線が強くなる時期にはスキンケアもしっかりしたいですね。

最初は全身脱毛をしないつもりだったけど

周りの人達がやっている全身脱毛。
本当のところわたしはそれほど無駄毛が濃いという事はありませんし、両わきの永久脱毛はしたので、他はしないつもりでした。
けれども、いろいろと話を聞くと、いつもの自分での処理がすごくラクになるんだとか。

確かに濃くは無いけれど、腕やすねのムダ毛は目立つし、足が出る服を着た時は入念な処理が必要です。
処理が手抜きだった時は、出掛け先でも不安になります。

なので、私も全身脱毛に踏み切ろうと思い、いろいろなエステサロンをリサーチしているところです。
全身脱毛と言いますがサロンによって脱毛可能な場所が変わるので悩むところです。

できれば口周りの脱毛も行いたいと思っていますが、そこがコースに加えられていない事が多いのです。
せっかくなので、希望している所は全て処理したいので、わたしにとって一番のエステサロンとコースを探しているところです。
目指すところは来年の夏!思いっきり素足を出せるようになりたいです。

自分はこれまで、むだ毛処理について大変悩まされてきました。
仲のいい友達と温泉のあるホテルに泊まった時、旅行の前日に浴室で毛をT字カミソリできちんと剃ったのですが、旅先で温泉に入ろうとしたらムダ毛が伸びてきていました。

そこで温泉旅行先でも毛のお手入れをすることになったのですが、さすがオンナのチェックは鋭く「アッ、××(あたしのこと)、むだ毛多いねぇ毎日のように剃らないとダメなの?!」と指摘され、軽くショックを受けました。

確かに、人によって毛の生え変わる周期は差があるので、数日剃らなくても大丈夫な人も大勢いると思うのですが、あたしは毎日剃らなくては毛がみるみるうちに生えてくるので、恥ずかしくて仕方がなかったです。

この悩みを解決したいと思っていた時、あたしの従妹に「医療機関でやっているレーザー方式の脱毛いいよ!永久脱毛だからもう剃らなくていいの!」と聞かされたので、ようやくわたしもこの間、医療レーザー脱毛を契約してきました!初回のレーザーを当ててきたのですが、最初の7日ほどは本当に無くなりましたが、その後はまた前みたいにニョキニョキと毛が生えてきます。

脱毛の予定は全5回で約2年くらいかかるみたいですが、実際に2年で5回の医療脱毛でなくなっていくのがちょっと心配です・・・。

私は、父親から遺伝してしまったのか、体毛が濃く、特に思春期に突入したころからだんだんムダ毛が多くなってきました。
思春期という時期は、スタイルや外観を気にしだす時だと思います。そういう時期とダブってしまい、毛深いのがとても恥ずかしくて、耐えられませんでした。

とりあえずは、恥ずかしいとは思いつつがまんをしていましたが、高校に行くようになり、剃刀を使って無駄毛の処理を行うようになりました。
でも、クラブ活動などでなかなか時間を作れず、毎日続けるのはなかなか難しく。
剃刀負けからの肌荒れもあり、何日か間をあけないと無駄毛の処理ができなかったのです。

大学生の頃は、皆がおしゃれしている中で、やはり無駄毛がきになり。
カミソリで剃るだけではなく、毛抜で抜いて処理をするようになりました。。
毛抜きで一本一本抜いて処理をするのは非常に時間がかかるのですが、剃刀負けは起こさないですし、綺麗になるのが快感でした。

けれども、繰り返しそんな事を行っていると、毛が皮膚の中で成長した感じになり、黒いポツポツができました。
それを頑張って抜くと、やはり肌が荒れてしまう。
なので、お小遣いやアルバイトでお金を貯めて、評価が高くて勧誘のないサロンに、頑張って行ってみました。

半年ほど通うとかなりムダ毛は減り、終わる少し前にはムダ毛が生えてくる事はなくなりました。
自分で処理をすることも無くなったので、肌もつるつるになりました。
大学へ行きながらだったのですが、貯金して脱毛に踏み切ってホント良かったです。

私はもともとホルモンバランスが乱れてるのかムダ毛は多い方です。
それが影響してるのかムダ毛が時々1本だけ伸びてくる場所があります。
何だかとても奇妙で、なぜ一本だけ伸びるんだろう思います。

わたしが気になっているそのむだ毛と言うのはアゴ下に生えてくる毛です。
ここって数本くらい無駄毛が生えていますが、特に際立つのが1本だけ伸びてくる長い毛です。
メイクの時にムダ毛のお手入れをするのですが、ふとしたらいつもこの長い毛が伸びているのです。
どうしてもこの毛が気になります。

むだ毛の中にたまに長いむだ毛が生えてくるのはどんなワケがあるのでしょう?人体の神秘です。
その1本のみ伸びる意味がよく分からないし、どんな理由で伸びてくるのかを理解したいと思います。
ふと気づいて見ると長く伸びているので、本当に短い時間で長くなっているんじゃないかと疑うことがあります。
そういうことはあるのでしょうか?むだ毛処理をするときによく考えてしまうことなので、その原因を教えてほしいです。

ミュゼ除毛クリーム 口コミ

体臭はケアも大切ですが受け取り方も大事

体のにおいは誰でももっていますし、全く臭いが無い人はそんなにいないと思います。やはり汗をかくとたいていと言ってもいいほど臭いがしてしまうものだと思います。

この体臭はやっかいなもので自分ではあまりわからないことが多いのですが、まわりにいると敏感に気がついて不快に思われることが多いということです。誰しも一回は経験をされたことがあると思います。

たとえば、スポーツジムの更衣室の臭いとか、家に帰った時の靴の臭いなど誰だって心地いいものとは思わないでしょう。だけど自分は、なるたけ臭いについては感情を露わにしないように心がけています。
当然だと思いますが、まちがいなくにおいがきついと感じた時にはわたしも敏感に反応してしまうかもしれませんが、暑い季節のバスの中などで感じるものはやむをえないと断念するようにしています。

何ともしようがないことだし、誰もわざとニオイを漂わせるために乗って来るわけではないと思うので、一生懸命やっている証だと考えるようにしています。体臭はケアも大切ですが、受け取り方も大事だと切に思っています。

旦那は38歳で5つ上です。紹介されて会ったのはおおよそ8年くらい前です。初めの頃は全然そんなことなかったのですが、この1~2年仕事から帰ってきた旦那の脇がどうもにおうんです。

夕飯を食べうだうだしているダンナの側に行くと、ぷ~んと、ミンチ天のような臭いが漂っているのです。ミンチ天と言っても九州出身の人しかわからないかもしれませんが、魚のすり身と玉ネギのコロッケみたいなもの。

「えっ?加齢臭?!まあ30代半ばだもん、しかたないよねー」と思っています。ほかはあまり臭わない、ていうか割りと臭わないのです。ですが、そのニオイが、臭いだけでおわらずTシャツにまで広がったのです。

要するに、ワキ汗のしみです。すぐに洗っているのにワキのところが黄色い!これは衝撃的でした。あたしには経験がありませんでした。

「ずいぶん強力な汗が出ていたのね、そりゃにおうよね」と思いました。たまに外で仕事することもあるので激務だったのかなーと考えつつ、そのシャツの処分に困る日々。

ニオイが嗅覚だけじゃなく視覚にまで及ぶ。脇に限りニオイの程度が高い旦那です。

普段から、電車通勤なのですが、夏の時期はすっごく臭い人に合うことが多いです。ほとんど、男性ですので男性だけが持っている臭いなのでしょう。
汗臭いのと脂のようなニオイが混ざったような、何とも言えない臭い。ちゃんと乾いていない洗濯物の臭いのような気もします。

地下鉄の中でそんな臭いの人がいた場合、凄く嫌な気持ちになってしまうのです。前の方を歩いている男の人が臭いを出していることもあり、結構きついです。多分、その男性は全然分かっていないのでしょう。自分から悪臭がしているということが分からないので、気遣わないのだと思うのです。

冬場はあまり気にならなくなってくるので、温度の高いシーズンだけなのだと思っています。汗の匂いというものは摂取しているものによっても変わると思いますし、アルコールや喫煙でも異なってくるそうなので、可能なら周囲の人などが指摘してくれるといいかななんて思いました。
親や兄弟なら気が付いていると思うので、身内で指摘してあげる事が必要ではないでしょうか。

乾燥が気になる時期のお肌のお手入れ

乾燥が気になる時期はお肌のお手入れも気を配らないといけないですよね。
私が実践しているお手入れ方法をご紹介します。

朝は洗顔料を使わずに洗顔をします。冬は寒いのでぬるま湯で。
その後化粧水、乳液の順につけていきますが、なるべく自分の手で液を温めながら肌に入れ込むように浸透させます。朝は時間もあまりないと思いますが、基礎をしっかりすれば夕方の化粧崩れも最小限に抑えられますよ。

オフィスにお勤めの方は社内で暖房がかかっていて特に乾燥していると思います。私はなるべくマスクをして暖房の風が直接肌に当たらないように気を付けています。

もちろんマスクは使い捨てで清潔を保ちます。マスクと加湿器のおかげで最近のお肌は乾燥知らずです。

夜はゆっくりお風呂に浸かって体の緊張を解きほぐしましょう。化粧水、乳液にプラスして保湿液を2日に1回塗るようにしています。毎日塗らないようにしているのは、保湿液が当たり前にならないようにお肌に言い聞かせています。

できるだけお風呂から出た後、30秒以内に化粧水、乳液をつけるようにします。浸透力が全く違います。

パソコン業務をしていると目が疲れてそれが翌日の表情にあらわれてしまうこともありますので温感目元マスクをしながら寝るのもおすすめです。

入浴をすることは新陳代謝をあげる事にもなるようです。ですので湯船ではゆっくりと浸かるようにしています。シャワーを浴びて終わりにしないで、夏場の暑い時も湯船に入っています。

その際に時間を上手く利用する為に、パックも行います。使うパックはシートの物で、できれば湯船に浸けて温めるようにしています。
パッケージに入っている物でないとムリですが、パッケージされている物を、しっかりと温めて使っています。手軽に温かいシートパックができるので、美容効果もアップします。

それから一番の美容の敵といわれるストレスにおいてもなるべく発散するようにしています。私自身のストレス発散方法を知らなければリフレッシュできません。ストレスを解消する事によって、肌荒れを防ぐ事が出来ます。

気が向いたらサロンを利用するとか専門の方のメンテナンスを受けるのも効果があるのではないでしょうか。それによって日頃出来ないケアも行うことができ、早めに対処する事が出来ます。

お尻にギュッと力を入れてキュッとしたお尻を目指す

女性としてだらしなく感じてしまうのは、やはり身体のフォルムが崩れてしまうことだと考えています。
その最たる部分がお尻。
だから、どうやって垂れ尻にならないかを常に意識して日々を過ごしています。

例えば、いつもお尻に力を入れています。
それは立っている時はもちろんのこと、座っている時も歩いている時にも同様です。

お尻にギュッと力を入れるとお尻全体が硬くなって、キュッと引き締まった状態になります。
これを続けているとお尻が本当に引き締まって、だらしなさがなくなるというのをネットで発見した瞬間から始めました。
始めた当初は慣れないからか、ちょっとした筋肉痛になりましたが、今は慣れました。
意識さえしていれば、簡単に継続できるようです。

今のところはこれといった変化は見られませんが、いつもお尻に力を入れていることに割と気持ちよさを感じます。
お尻がキュッとなればパンツスーツが格好良く着られるだろうし、ジーンズだってもっと頻繁に着られる気がして、今からワクワクしています。

春に向けてきれいになりたいな

冬も終わりに近づいて、やっと重いコートが脱げそうです。
そしたら、気になるのはやっぱりおしゃれのこと。

今度のお休みには、春物の服を買いに行くことに決めました。
薄くて淡い色がほしいと思っています。ピンクとか、グリーンもいいかも。

寒くてパンツばかりだったけど、スカートもはきたいな。それには、冬の間の運動不足ですっかりむくんでしまったこの太い足をなんとかしなきゃ!ダイエットにも気合がはいります。
まずは朝ごはんに野菜ジュースとヨーグルトを追加して、主食は減らしました。
あとは、可能な限りこんにゃくも食べています(笑)

そしたら、お通じの調子が良くなって、お肌のトラブルも減りました。やっぱり、食生活って大事なんだなって、いまさらながらしみじみと思いました。夜は残業ばかりで不規則だから、なかなか体にいいものなんて食べられないけど、でもできる範囲で頑張っていこう。

リップやアイカラーの春の新色も楽しみで、なんだかワクワクしてきました♪

 

続けること、むずかしい

色の白いは七難隠す、らしいので、というかもうずっと基本的に美白がよしとされていて美白化粧品もたくさん売っていたりして、わたしも紫外線にはわりと無意識に気をつけて暮らしています。

よく色白いね、色素薄そう、と言ってもらうことがありますが、子供の頃はめちゃくちゃ焼けていました。(夏休みなど)
大人になってから気をつけるようになっただけで、わたしもなにもしなかったらたぶん普通に焼けます。
日焼け止めは季節関係なく使うし、でも基本インドアなのであまり日焼けしないのもあるかもしれませんが・・・

雑誌の美容について書いてある記事など読むと、やっぱりたいてい「続けることが大事!」と書いてあって、でも飽きっぽいわたしはほぼ続けられません。でも紫外線に気をつけること、などはもう無意識に刷り込まれていて、素肌のまま日に当たる罪悪感が気持ち悪く(お化粧をしたまま寝るのが気持ち悪いように)なってしまい、続いています。

でも続かなくても、いろいろやってみるのは悪いことじゃないように思います。思いついて「今日は階段を使おう」とかで全然それだけで自分によいことをした!と達成感のようなものが少し得られるし、「続けられないわたしだめだ」と思わないでなんかキレイになるために、と一個でもできたら多分ちょっとキレイになれるのでは、という気がしています。

 

自己流美容法

私は10代の頃から、美容に関して非常に興味があって、自分流の美容法で今の肌弾力や、シワの無い顔を維持しています。

まず基本的にあまり笑いませんでした。笑う時は目尻を抑えていたほどです。
だから今でもその癖がついていて、目尻の笑いシワなどはありません。

またおでこのシワ予防には、目だけで上の物を見ないということ。
目だけで上を見ると、おでこにシワが寄っていずれそのシワが深く刻まれてしまうからです。
上の物を見る時は首をきちんと上げて見ます。(これらは結構ポイントです)

紫外線を防いだりするのは基本的ですが、安くて効果がないと感じる化粧品よりも、多少高額でも良質な化粧品選びをしてきました。
若い頃からのメンテナンスは10年20年年を重ねた時に、大きな違いが出てきます。
継続は力なり、正にその通りだと今は実感しています。

また年齢を重ねると、顔のたるみが出てくるので、肌の筋肉を鍛えます。口を大きく開けたり、顔ストレッチをしています。

また今は「カッサ」が流行ってきましたが、昔はそのようなものが無かったので、自分の指の関節をカッサ代わりにして、ゴリゴリ血流を良くする為にもマッサージしてきました。
だからとても顔の筋肉は固く、つまめないほどの弾力があります。
正しい方向でマッサージしなければ、たるみの原因にもなるから要注意です。